旅take2-1 軽自動車で行く上高地・乗鞍山紀行 企画編

学生時代に見た上高地の川の色が忘れられない…再訪を決意。

こんにちは、ガラぽんこと、片岡です。
さる10月4日(日)夕方~10月7日(水)朝にかけて、飛騨、高山地方から、乗鞍(のりくら)・上高地方面に旅行したのでそのレポートです。

P_20151006_133941_HDR

今回は、レンタカーを借りて、しかも軽自動車で言ってみました。

岡山からの行程で、距離はおよそ505km。(乗鞍・上高地の岐阜県側麓の平湯地区)
軽ではしり込みするような距離ですね(笑)

なぜ乗鞍・上高地に行こうと思ったかなんですが、上高地には昔学生の頃に行った記憶があります。
その旅の中身はよく覚えてないんですが、上高地の川の青色と透明さだけが鮮明によみがえってきます。
チャンスがあれば、もう一度訪れたい地。
そう思いながら年月は経ってしまいました…
そういう土地ってないですか?
ここでもう二度と行けないと腹をくくるんであれば、NHKでの「こころ旅」にでも投稿して、火野正平さんに行っていただくんですけど、旅行は可能な身分になったので、なまじ行ってみる気にはなりました。
当時は上高地だけだったのですが、乗鞍スカイラインのバス停は上高地のバス停からすぐなので、乗鞍スカイラインも行ってみます。

ストレス解消のために、あえて軽自動車で1人過酷ドライブ。

ところで、現在僕は岡山市に住んでいて、障害になるのがその距離です。
前回訪れた時は、乗鞍・上高地のある岐阜県とは同地方の県にいたので、さほどの距離ではありませんでした。
観光バスを使ったし。(観光バスって記憶にあまり残らない(›_‹))
今回はどうやっていこうか…
おっと、ちょっとまてよと。
ここで初心に戻りました。
僕の旅は日頃自宅で作業ばっかりしているストレスの解消のために始めました。
自分にとってストレス解消させるのに最も効果的なのは、多少過酷なことをすること…
そうだ。自分で運転していこう。しかも振動が大きくて、体に負担のかかる軽で(笑)!

実際は、乗鞍、上高地に行くなら、最も楽で安い交通手段はバスとバスの乗り継ぎか、電車とバスの乗り継ぎでしょうね。
大阪、名古屋、東京、各地区に直通バスがあります。
大阪なら、乗鞍、上高地まではバスで片道4700円しかかかりません。
岡山からなら、新幹線で大阪まで行き、バスで上高地まで行ってもせいぜい片道11,000~12,000円くらいしかかからないです。

ところが、車だと普通乗用車なら
高速道路代が片道8,860円。+ガソリン代。500キロあるので、リッター10kmとしたら片道6,000円というところです。
さらに自分に運転という労働を課すので負担は大きいです。
しかも現地はマイカー乗入規制があります。車を置いてですね、バスに乗り換えなくてはなりません。片道2,000円。
どんだけ割に合わないんだよと。
ところが、軽自動車で、しかも深夜・休日料金で行った場合…
高速道路代が片道4,980円。+ガソリン代。軽は燃費がよいので、大体リッター20km。片道3,000円というところです。
ようは普通車の半額になってしまうっていうことです。
これなら、随分お得ですね。(・∀・)

スポンサードリンク



地場のレンタカー屋さんにはお得なプランがいっぱいだった。

ただ、問題は家に僕が自由に使っていいような車がないということです。
軽自動車はありますが、家族がなんかあったときのために残しておいてくれと。
結局どいつもこいつも「心で」拒否するのです。(嫁、義理の親)。
表向き「取材」。ある意味遊びに使うのだから、そんなもんです。
最も家で立場が弱い「代表取締役社長」は、仕方がないので、レンタカーを探しました。
うちは岡山市でもかなり中途半端に立地がよいところにあるので、都合のよいレンタカー屋さんがすぐ見つかりました。

「平成レンタカー」

heiseirentacar00 1

 

岡山、香川、愛媛で展開している、地場のレンタカー屋さんです。
このレンタカー屋さんは、メーカー問わずで、長期プランが充実しています。
楽天などで予約すると、時間指定しかできないのですが、自社ホームページに直接行けば、サービスがいろいろあるのがわかると思います。
楽天は宿泊、レンタカー一括手配できるし、楽天ポイントが溜まるのでいいように思えますが、その企業が持っている全部のサービスが使えるわけでないので、あまりお得ではないことも多いです。
知らない土地に行って、もともと予定していなかったのに、今日泊まるところを探す必要がでてきたとか、車を手配する必要が出てきた、というときには便利なんですけどね。
平成レンタカーには「連泊プラン」があります。
たとえば、夕方17:00以降に借りて、3泊明けの朝9:00までに返す、ほぼ「3泊4日」が、「2泊3日」プランで借りれるというものです。
ようするに、出発日前日に借りることができる、というようになっているわけですね。
夕方17:00に車を借りておいて、翌早朝に出発する、ということが可能。
先に車を借りておいて、朝早く出発。夜遅くに帰って翌日返却。なのにお値段据え置き。という「ラクラク出張」タイプでとても魅力。
今回は僕はこれを「うまく」利用しようと思いました。
このプランだと、軽自動車は3泊4日の基本料金 15,120円が、なんと ▲ 5,886円で適用です。
さらに期間中の保証料をありたっけつけて、プラス3,240円。
計12,474円。
実質3日ということになるわけですが、1日車両コスト4,000円弱です。
超安くないですか?
このプランで、「夕方に出発」すればですね、「深夜割引」が可能となります。
僕はこうして、乗鞍・上高地行き+ほぼ3日間、軽自動車現地で乗り放題状態。30,000円程度という交通費で済ますことに成功しました。
これって、「大阪まで新幹線+現地までバス」のコストとほぼ同じなんですが、現地で動く利便性を考えるとかなり有利です。

旅の目的によって、交通手段などは変えたほうが良いと思う。

ただ、交通手段を実際何を選ぶかに関しては、やっぱり目的によって変わってきます。
今回は

・現地で楽に動きたい。
・荷物を持ち歩きたくない。
・宿泊はビジネスホテルで安く済ませたい(食が目的ではないため)。
・ドライブで里の雰囲気を味わいたい。
・何より車を運転したい。

という考えがあり、車にしました。
ただ、もし目的が、

・現地の旅館やホテルに宿泊して、飲食を楽しみたい
・高山市内などで昼間、街を巡りながら飲食したいとか、「飲食旅行」みたいなことをしたい
・上高地、乗鞍山に行くことだけが目的で、ぶらぶらはしない。

のだったら、電車やバスを使ったほうがいいでしょう。
特に現地は、単なる地方都市ということを考慮して、数軒の飲み屋さん以外はお店はすべて早くに閉まってしまうことを考慮すべきですね。
名物と言われるものは高いですし、観光用の施設にしかないので、実際はさほど期待はできません。
そういうものが目的であれば、

・地元の旅館に宿泊する
・観光用の居酒屋を利用する

しかありません。
当然、高価です。
飲食が目的であれば、特に金がかかります。
僕の場合は、食事が目的ではないため、ビジネスホテルで済ませます。
現地のものでよいものがあれば食べますけど、けっこう無理矢理になりますし、僕は過去の病気の影響で、食にあまり執着心が湧きませんし、酒も飲めませんので…
(つまんない報告ですみません…)

高山市を拠点に動くことに決定。

レンタカー連泊プランと高速道路休日深夜割引の恩恵を最大限に活かそうと思った僕は、岐阜県高山市を拠点に動くことにしました。
高山市から、乗鞍スカイライン行バス乗り場、上高地バス乗り場には車で45分程度しかかからず、最も宿泊施設が充実していますし、コンビニなども多い、便利な大型都市です。
ビジネスホテルに、深夜にチェックインし、連泊します。(ビジネスホテルは大体29時までチェックイン可能)
10月には高山の全国区に知れ渡ったイベント「高山祭」があります。今年は10月9日(金)からの開催です。
僕の場合はわざと外しましたが、祭が好きな人は高山祭に合わせてもよいでしょうね。ただこのころ宿泊施設はいっぱいだと思うので予約はお早めに。

こうして、旅行の準備は整いました。

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です