旅take3-2 またまたミニバイクで鳥取だよ…日本一の池・湖山池に行ってみる。 Part1

仕事をしすぎて体調不良。最悪のスタート!

10月28日、岡山地方は曇りで時々晴れる、風はさほどでもない(2~3m?)
まあ、特に問題ない、ライディング日和でした。
ところが、ガラぽんの体調のほうに問題がありました…
ガラぽんは前日、手持ちのアフィリエイトサイト1サイトに、ASPさんに新たに依頼された商品を掲載しながらも、ついでに
そのサイトのテンプレート変更、バナーの作成しなおしを行いました。
いざ仕上がってみると、その美しさに満足してしまい…
手持ちの全アフィリエイトサイトのテンプレート変更とバナー作成を始めてしまったのです!(・Д・;)」
(当然1日でできっこありません…)
で、やっているうちに、サイトをスマホで見た時の画像掲載の問題点を発見。
いちいち全画像の表示パターンの手直し作業もプラス。
なんと、前日はほぼほぼ通しで仕事してしまい、脳に血液が行かないでふわふわ状態だったのでした。

あの、すごくありがちなんですが、旅行前とかになると、やたら仕事に身が入るんですよね。
旅行中はあんまりまとまった仕事できないんで。
特に今回は1泊だけなんで、50ccのライディングにはあまりに邪魔なノートPCを排除。(・Д・)
まる2日何も仕事できないということで、ついつい前日に仕事に没頭してしまいました。
でも、50ccで体調不良はヤバいです。
50ccはマジで車に軽視されるので、ひっかけなんて普通にされてしまいます。
なので、50乗る人は、毎日が命がけ。
体調は万全に。

ストレス解消目的のライディング。時間のプレッシャーが逆ストレスに!

体調の立て直しのために、なんと出発は11時前になってしまいました…
鳥取の目的地には最短距離にして130kmもありませんが、Googleマップが示した最短コースで行くことに若干不安を覚えます。
50ccだと4時間半というところかな~なのですが、昼食を摂ったり、想定外のことが起こることを考えると、6時間見ておきたい。
となると、到着予定は17:00。
日没ギリ。
気温を考えると、17:00には到着したい~~~~(´Д`;)
ストレス解消のための50ccツーリングが、気持ちギリギリツーリングになってしまう。でもこの緊張感がなんとも言えずよいんだけど…

さて、岡山市から国道53号を上り、途中、岡山市金川付近から岡山県を斜めに突っ切るような形で切りこんでいくルート。
これがGoogleが示したルートだ。
さすがに岡山は人口150万人しかいない県。
ちょっと入っただけで、もう商店も何もない田舎道が続く‥

P_20151028_115656_HDR

P_20151028_120916_HDR
あ~、やっぱり途中で道なくなってきたよ~、大丈夫か?Googleマップ…
軽自動車も通るの難しい、畳1畳幅の道が続く。
こんなの車で通るのムリだよ、地元の人の軽トラくらいしか。
という道を走る。

何度も地図を見直しながら(ただ、そんなけもの道のようなところでもきちんとデータ通信できるのがすごい。ドコモ。)走ること1時間あまり…
「うわー、西の屋じゃんか!いやー、いつもの湯郷温泉に行く道に出たよ…(´Д`;)」

P_20151028_122428_HDR
なんと、Googleマップ上の近道は、確かに距離は近いが、曲がりくねった細い道で、途中工事もあり、まったく近道になってなかったのです。
ロスタイムは30分以上…やっぱやられたね~…
その後もGoogleマップさんは、意外に遠回りとなる道を示してくれるので、位置の確認だけ徹しさせることに決めたのでした。
うーん、やっぱナビは過信しちゃだめだね…

スポンサードリンク



やっぱ寒い~~(・Д・;)」

それでも、さすがに台湾原付は、日本製原付ではありえない走りで(!)順調にひた走り、思った以上に時間を縮めてくれました。
途中、道の駅でほどよく休憩したりして、なだらかな奈義町を問題なく駆け抜けます。

P_20151028_142409_HDR
「おお、岡山から約90km。ここまででまだ3時前。全然余裕じゃん。そんなに寒くないし。」

ついに最初の難関。「黒尾峠」にさしかかります。
麓の気温は19℃。
全然余裕でした。
でも坂道のこう配はさほどでもないのですが、すごい勢いで気温が下がっていきます。
ほんの3kmも走らないうちに、気温が12℃に!
もっとも高い岡山県と鳥取県のトンネル、付近は、標高が580m程度しかないのに、この気温差。

P_20151028_144545_HDR
この時期、日向と日陰の温度差がものすごいことになります。
山に入ると、日が照らなくなるので、一気に気温が下がるのです。
トンネルのほうが暖かいだと…!?(;´Д`)

ですが、何とか凍え死ぬには至らず(のちのち宿では発熱か?という体調不良に見舞われるが)なんとか峠を降りる。

P_20151028_150305_HDR
ここではまだ時間は3時過ぎ。
おー、4時過ぎくらいにはつけるのか?
暖かいうちに?

鳥取広大~~~~~(;´Д`)

ところが、ここからが本番でした…
うおー、そんなに距離ないはずなのにー、行けども行けども、目的地までの距離が縮まらない鳥取郊外。
岡山県と違って、明らかに車が少ないので、全然こう、障害なく順調に走っているのに、全然進んでいる気がしない。
雄大な風景が過ぎ去っていく。
鳥取、なんて広大なんだ…

P_20151028_162554_HDR
1時間ひた走り、まったくつける気がしない。残り距離はたったの30kmだったはずなのに、50kmに伸びてる…
これもまたGoogleマップの洗礼なのか??
もう晩秋なんですかね?
日の傾きは早くて、16時ちょっとすぎくらいでも、もうあたり暗くなり、どんどん寒くなってきた。
まだ16時なのに、ヤバい‥

そしてひた走ること、ついに、ついに目印の交差点を確認!
そして、17:00前…
ああ、池が…

P_20151028_164731_HDR
17:00ちょうど。無事に宿につけたのでした。

P_20151028_171145_HDR
総距離は160kmというところか?
40kmも伸びたのか…
短いようですが、50ccでこの距離はでかいんですよ。

中の中がいい感じの宿。夕食。温泉。

ウェルネス因幡路は、HMIホテルグループの宿。
日本全国に傘下のホテルがあるので、サービス、雰囲気は中の中みたいな。

P_20151028_172113_HDR
風呂は温泉の大浴場のみで、個室に風呂はありません。
1泊2食付きで税抜7500円ですからねえ。
シングルの個室も広いです。十分でしょう。

P_20151028_172634_HDR

温泉の泉質。
単純アルカリ泉。源泉は「鳥取有泉金澤」。
源泉は27度前後で加熱だけしてるみたい。加熱しているだけなので、泉質は濃い目です。
凍えていた体がいつまでも湯冷めしません。
あまりの強さに発熱か?ヤバい?と思ったくらいです。
ホテルウェルネス因幡路からちょっとだけ奥に入ったところは全国的に有名な「吉岡温泉」がありますが、そちらの源泉は50℃を超えるとのこと。
僕は行ったことないんですが、ほとんど距離ないのに、全然温度が違う不思議…
夕食。
7500円のボリュームではないですね。12品ほど出ました。
天ぷらも、マツタケごはんもありましたよ。

P_20151028_193535_HDR

P_20151028_194504_HDR

P_20151028_200740_HDR
郊外に来ると、近くに適当な飲食店がないのが想定されるので、素泊まりはあまりお勧めできませんね。経験上。

サービス、夕食の味も中の中。
むしろゆっくりできるシチュエーションで、気持ちはゆったりできましたが、前日からの寝不足と、峠の寒さにやられた僕は、温泉に入ってもなかなか体調が戻らず、不安な中で一夜を過ごすのでした。

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>