ホワイトハットの方向性を学ぶなら中村貞文さんの書籍を推奨します。

中村さんの考え方って、なんか俺の考え方と似てね?というか俺が似てるのか…

こんにちは、ガラぽんこと片岡です。
僕はこのブログの前身となるブログでも書いたのですが、昨夏7月に「中村式リスタートアフィリエイト」という情報商材を購入し、あえなく、あまり実践せずに挫折した、という苦い?経験があります。
でも、けっこう僕は彼のアフィリエイトに対する方向性というか、

・どこで勝負するのか。
・どこに着目するのか。
・何を重視するのか。

その彼独自の視点が好きで、彼の書籍を2冊持っています。(というか2冊全部持ってるということですね(・∀・)

P_20151121_162726_HDR
「中村式リスタートアフィリエイト」はちょっとしかやらなかった僕ですが、「中村式リスタートアフィリエイト」購入から約1年後、自分独自のやり方で月収300万円を獲得することになります。
実は、僕は1年前の夏、リスタートを始める直前に「これだけ作っておいてからリスタート始めよう…」と思って、作った1サイトが、月100万円以上の売上を今上げてくれています。
つまり、リスタートを始める前に、実は自分独自の型がある程度完成していたんですよね。
それに気づかずに、リスタートを1か月くらいやって挫折したのです。
ただ、リスタートやら、中村さんの書籍やら読んで感じていたことは、「この人やたら自分の考え方に似てる…」ということでした。

中村さんの本は手法の部分が重要ではない。

僕のブログを「勉強になる」とか言ってくれる人は多いのですが、実は、僕の言ってることはこの中村さんの言っていることとほとんど同じです。
マインドや方向性についてはです。
僕はこの人からマインドや方向性を学んだわけではありませんが、自分と考え方がとことん同じなので、うれしくなって新しい書籍も購入したという感じですね。
これまた、考え方がぴったり同じでした。
だからまあ、僕の書いていることはちょっと断片的でわかりにくいことが多いと思うんですが、立ち読みでも…(ああ、売ってないか…)、アマゾンででも中古本を買って読んでもらったらいいのかなあと思います。(;´д`)
いや、宣伝じゃないですよ。彼になんももらってませんよ。
本当にそう思うだけです。
まあ、このシリーズ、あんまり人気なくて、中古本は値崩れしてるんで特に高くもなく買いやすいと思いますし。
なぜ人気がなくて値崩れしているのか、ですが、これは実は初心者には内容がわかりにくい本だからです。
書いた本人は初心者向けのつもりで書いたのでしょうが、、彼の言っていることは、ある程度自分なりに経験を積んでこないと、実感としてはわかりにくいです。
手法的な部分は少ないわけですが、手法の部分はあまり重要ではないと思います。アフィリエイトに対する考え方の部分ですね。

中村さんの本が人気がないのはスタンダードなアフィリエイトの方向性ではないから。

中村さんは

・強い競合をとことん避けて、すき間を狙う。SEOベテランと同じ土俵で戦ってはろくに稼げない
・SEOが重要ではなく、ユーザーの心に沿おうとサイトを調整することが必要

ということを徹底して説いています。
ですが、そこが重要だと言われても、頭では「はい、そうですか」と思っても、心では「んなこと言っても、リンク貼って上位表示させないといけないでしょ」と考えてしまいがちです。
情報商材で「優良」といわれてるものはまあ、全部その「スタンダードな」やり方ですからね。無理もありません。
でも、そのやり方では、ベテランとまともにやりあうことになるので、やはり

・外注を雇ってサテライトを作る。
・誰にも負けないような体験談を書かせる。
・どこにも負けないようなクオリティの高い特集をサイト内で組む
・オーソリティの高い中古ドメインを使う。
・狙った特定のビッグなキーワードまわりでの順位を調べるためにGRCと毎日にらめっこ。
・Googleのアップデート情報にピリピリ。

といったような感じにはなってしまいますよね。
そこを中村さんは徹底的に避けているわけですが、あまりこのやり方で収益を上げている人が表に出てこないので、皆結局「んなこと言っても」で終わってしまうのです。

スタンダードなやり方は大きな金額が狙える。が相当なコストもかかる。

でもまあ、スタンダードなやり方でもいいと思うんですよ。
実際、このようなやり方で、大きなキーワードを狙わないと、1サイトで何百万とか、年商1億とか、そういったところは狙えないですから。
中村さんのやり方は「ありえないくらいのすき間」を狙いますから、あの人は頑張ってもサイトアフィリエイトでは月400、500もしんどいと思います。
というのも「どうしてもスモールに近いミドルキーワード中心のサイトを作ってしまう」僕が同じだからです。
中村さんの本のタイトルは「年3000万稼ぐ人の~」ですけど、僕の売上も同じくらいですからね。
同じ考え方だと、やっぱりそれくらいになるのかなあ、というところなんですよね。
3年、4年と真面目に同じ方向性で突き詰めていって、月500、600が見えればよいところでしょうね。
1人では既存サイトのメンテも結構きついので、新規サイトの立ち上げがだんだん少なくなってきてしまいますし。
でも外注には出せないですね。
中村さんのキーワード選定なんかは特殊技能ですし、その特殊な感性で選んだキーワードに合わせてCVする記事を外注さんが書くというのは至難のわざでしょう。
そのキーワードを思いついた人にしか書けないと思いますから。
僕も同じようなところがありますね。
文章の持って行き方がちょっと特殊な感があるので、外注に任せるのは無理。だと思います。
中村さんと僕とでは手法は全く違うのですが、考え方や方向性はほとんど同じです。そこにはどうしても一般的でない感性が入ってきてしまうので、外注ができないのです。
これでは、収益を大きくしようとしてもあまり大きくはなりませんね。何より「すき間」ですから。

とことんすき間にこだわり戦いを避ける方向性。ゆえに額がさほど大きくはならない。

中村さんのサイト作成方法は、リンクは張りますけども、おまけのようなもので、ほとんどリンク効果なんてないと思います。「ホワイトハット手法」の色が濃いですね。
ホワイトハット手法の難は、やっていると「必ず」すき間キーワードで上位表示ということしかできないので、成約数がバカみたいに上がることがないのです。
どうしてもある程度サイト数を作り、細かい売上トータルして、何とか月250万、300万、という感じになります。
メリット的には、「幅広くジャンル・商品を取り扱わざるを得なくなる」ため、1ジャンル、2ジャンルを深く扱うアフィリエイトよりも季節などによる報酬のブレが少ないことですかね。(僕は全サイト類似ジャンルなのでまともに季節の影響受けてますが~(;´д`))
男らしくいくぜ!という若い世代の人はですね、コストをかけてすごいサイトでビックキーワードに挑戦し、年商億。(でもコスト2000万??)狙うぜ。でもいいと思います。
僕は尊敬します(・∀・)
でもまあ、競合少ないすき間で、細々取っていきたいよね、ペナにも合いにくいし。という人は一度中村さんの書籍を読んで、その方向性に触れてみてください。
中村さんの発想が当たり前のように、違和感なく受け入れられるようになっていれば、もう手法はどうあれ、年収3000万程度を取っていける力はあることになると思います。
あとはその方向性に沿って、とことん自分のやりやすいやり方でサイトを作っていきましょう。
ある程度書きまくらなければならないのがまあ、ネックですけど…(・∀・)

ちなみに中村さんの本のアマゾンとか、楽天のリンクは貼りませんよ~~~。
あくまで自分がいいと思った本の紹介であって、積極的な宣伝というわけではないのでね~~~。(・∀・)

スポンサードリンク