「アフィリエイトコンサルタント」を名乗れる資格があるのか、反省してください…(;´Д`)

元スーパーアフィリエイター?のオファーメルマガが気になります!仕事が雑過ぎて!

こんにちは、ガラぽん@片岡です。
突然ですが、某メルマガアフィリエイターが気になります。悪い意味で…(´Д`;)
僕はその方の出している情報商材を3年くらい前に購入したのですが(超安かったので)、当然ですがメルマガ登録されました。
僕の場合、メルマガ解除がめんどくさいので、結構そのまま取っています。
あまりにうざかったりすれば解除しますが、ネタとして面白いこともあるので(そこはさすがにメルマガアフィリエイターです)そのまんま取ってます。
で、上記のメルマガアフィリエイターさんは自称「アフィリエイトコンサルタント」と豪語しています。
そんな人の何が気になるか…
それはメルマガというか、勧誘レターの使いまわしとなんと「リンク切れ」です。
なんと仕事が雑なんでしょうか!

あんた、商材出して、エラそうにメルマガで大きいこと言う割に「スーパーアフィリエイターじゃない」じゃん。

勧誘レターは人数限定でライティング講座をするというものなんですが、1か月に1回くらいはその全く同じ使いまわしのメールを送ってきます。
それって、定期的な配信をセットしてあるということでしょうか?
毎回毎回「あと●●名!今回で完全に受付停止!」
…一体いつ受付停止するんだよ。もうそう言って3年だぞ…
気になります。「やっつけ仕事」すぎて。
内容、読んでないから気づかれないと思っているんでしょうか?でも読まれないと成約しないので本末転倒なんですが~~~~
さらには、そのメルマガのなかで、「アフィリエイト歴●年、稼いだ総額●千万」とあります。
激ヤバな情報を暴露してるとか、ものすごい勢いでコンサルティングの申し込みがあるとか豪語しています…
…でもですね、金額を年数で割るとですね…とても「スーパーアフィリエイタ―とはいえない」金額になるんですよね~~~(´ω`;)
まあ、金額嘘ついてないということでしょうから、正直といえば正直。
でもね、もっと前からアフィリエイターやっていたことも知ってて、そのころ「月収100万円」とか言ってたこと知ってるし。
このメルマガ自体も使いまわしなんで、いつの金額かわからないし…
すでにスーパーアフィリエイターから転落している可能性は高いですよね。っていうか金額スーパーアフィリエイターじゃない…
まあ、生き残ってるだけましなのか。

リンク切れでどうやって「ものすごい勢いで登録されている」ということになるのですか?

それよか、すごく致命的なのは、「リンク切れ」です。
せっかくですね、勧誘レターを出してるのに、キラーページなり、お問い合わせなりのページが全部リンク切れなんですよ(´Д`;)
もう長いことず~っとです。汗
正確に言えば、リンク切れてはいません…が、そのリンクアドレス、つまりURLアドレスが、最後の「/」まで入ってなくて、その前で終わってるので404エラーになるわけです。
彼のメルマガ読者っていうのは、初心者が主だと思うので、リンクを踏んで、飛んだページが404エラー出ていたら、その原因を自分で探ろうとはしませんね。
「あ、リンク切れだ。いい加減だな、詐欺なのかな?」で終わってしまいます…
わざわざ「/」までURLコピーしてブラウザのアドレスバーに貼りつけて、正しく飛ぼうとするなんてことはほとんどしないでしょう。
このような状態を放置していることで、折角集めたメルマガ読者の信頼を損ない、チャンスをことごとく逃しています。
多分もうずいぶんの間成約していないのではないでしょうか…
えーっとね、本当に「ものすごい勢いで登録されている」んですか?誇大すぎですよ?

メールでリンク切れを指摘しても直らず。生命線である「お問い合わせ」すら見ていない印象。

…僕はこの方がかわいそうで、たまりかねて、1回
「リンク切れてますよ、スーパーアフィリエイタ―を名乗るなら、いい加減気づきなさい」
とメールしたことがあります。
当然のことながら返事はありません。
別に返事はなくてもよいのです。
ちゃんと気づいて直してくれたらね。
ところが、その後のメルマガも改善されることはありませんでした…
あの…「アホ」ですか?
メルマガ配信スタンドって、タダではありません。
サーバーなんかのように定額のところはほとんどないし(大体、配信数による)。
読者が多ければ、維持費が月間万とか行って、かなり高いです。
なのに、出す勧誘メルマガオファー、ことごとくリンク切れでは単なる経費の垂れ流しです。
しかし、この方「おかしいな、なんでこんなに成約率悪いんだ」とは思わないんでしょうか??
僕ならそんなことがあれば、何かメルマガスタンドの使い方なり、契約内容なり、メールの内容なりに問題がないかどうかとことん調べます。
なぜしないのでしょうか?
それよか、僕の問い合わせメールも読んでない?
メルマガアフィリエイターはメルマガ読者の問い合わせというのはダイレクトに収益に関わるはずなのに、それを重視していない?
おかしいですよね。
ホントにやる気があるんでしょうか??

本当に「仕事の能力を持っている」人は常に「反省」と「改善」を意識している。サイトアフィリエイトもスタンスは同じ。

この方、メルマガアフィリエイターを始めたのは、会社をリストラされたからとプロフィールにありました。
会社に頼らない生き方を選んだ成功者としての自負があるようです。
それは自分に「能力がある」のを「会社が見抜けない」ということも問題だみたいな視点でした。
うーん…まあ、一時的にでも結果を出したのはすごいと思うよ。
でもね、ホントに自分、会社に認められるような能力もってると思ってるわけ?と僕は言いたくなりますね。
メルマガアフィリエイター以前に、アフィリエイターとして突っ込みどころが多すぎるんですよ。

・コンテンツ使いまわし。
・ノーチェック(リンク切れ)。
・反応確認、改善の怠り。

こういうことをしていてですね、たとえばリアルリテール営業では通用すると思ってるんですかね?
もしリアル営業で売上上がらなかったら、自分のやってきたことを振り返り、改善点を探そうとはしないのでしょうか。
ただやみくもに訪問数を増やすだけなのでしょうか?
それではコストばっかりかかってしまいますよね。
アフィリエイトも、そこはリアル営業と同じですよね。
サイトも作りっぱなしではなくて、たとえば集まったキーワードを見て、その方向性が自分の考えていた方向性に合っているかどうかを見なくてはいけませんよね。
もし合ってなかったら、

・コンテンツを合わせるのか
・メインキーワードを変えていくのか
・紹介商品を再検討するのか

とか、色々考えることがでてきます。
新しいサイトを立ち上げていくことも必要なのですが、振り返り、改善するということを必ずしなくては、いつまでたっても一人前にはなりません。
1サイトにこだわれ、というわけではないです。
実験と結果の検証。これを繰り返していくことで経験を積んでいかなくては成長しないのです。
ですから、新しいサイトを積み上げながらも、それらをすべてきちんと自分の経験になるように消化していかなくてはいけません。
なかなか量をこなしても、結果が出にくい、という人はその姿勢が弱かったりすることが多いと思います。
僕もそうでした。
自分の作ったサイトの振り返りをするのは、なんとなく自分の書いた昔の作文を読み返すようで恥ずかしいからです。
でも、その恥ずかしさをぐっとこらえて、
「実験」「検証」」「反省」「改善」
を繰り返した結果、自分の勝ちパターンというのを見つけることができました。
そして、これからも
「実験」「検証」」「反省」「改善」
を繰り返せば、全然収益の上がらないサイトを作るなんてことはないと考えています。
焦って、ただ雑にコンテンツを積み上げれば、仕事をした満足感はあるかもしれません。
でも、やりっぱなしでは理想の結果が出てくることはまずないのです。
最初の1年はとにかくがむしゃらにサイトを作らなくては、改善すべきサイトもコンテンツもボリュームが満足にないので無駄に振り返らなくよいのですが、2年目からはきちんと落ち着いて、1年目の反省と改善をしていくというスタンスを取ったほうがよいのですね。
仕事ができる人、というのは必ず「検証・反省」「改善」をしっかりしていると思います。

そろそろ気づいてもらえませんか?切ないです…(´Д`;)

某メルマガアフィリエイターさん、最近、ひそかに僕のツイッターアカウントのフォロワーになっていることを知りました(苦笑)
僕、フォローしてません…
この方、サイトアフィリエイトでも頑張ろうとしているのかもしれませんが、あのオファーメルマガの態度を見るになかなか成功できないんじゃないかな、と思います…
「検証・反省」「改善」の様子が全然ないですからね。
僕のツイッターアカウントのフォロワーなら、この記事ご覧になっているのかもしれませんね。
もしご覧になってたら、是非「あ、俺のことだ…」と気づいていただきたいですね。
お子さんも、奥さんもいらっしゃるようなので、ご家族のためにも、もう少し頑張って、丁寧なお仕事をしていただけたらと思います。
でないと切なすぎです…(´Д`;)…
大きなお世話なのかもしれませんけどね。

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>