旅take5-1 紅葉シーズンが終わったので(逆じゃん)京都行ってみた。1日目

おことわり

毎回ですが、「旅記事」はちょ~つまらないので、読まなれないことをお勧めします(笑)
酒も飲めなければ、パチンコ打ちもしないし、タバコも、夜遊びも、スマホゲームもなんもしない、つまんない中年おっさんのケチな旅行記です。
何をとっても書くほどのことでもないのですが、取材費として経費落としたいので書いてるだけなので、つまんない記事と事前にお断りしておきます(^_^;)

そろそろ神頼みしないとやヴぁいかなあ‥(;´Α`)

こんにちは、ガラぽんこと片岡です。
紅葉シーズンが終わったので京都行ってみました(笑)
いや、紅葉シーズン中に京都行ったら、神社仏閣を拝観するよりは、外国人と修学旅行生とちょっと退職金とか年金で余裕あるお年寄りとかを見に行くだけになります。
そんなのいやだ(;´Д`)
つーわけで、京都はもちろんのこと、有名観光地みたいなところは、秋の間中、わざと旅行先としては外してきました。
それが終わったのでまあ、行ってみました?
というか、それは正しくないんですけどね。
今回の本当の目的は「神頼み」です。
「神頼み」って言っても、特になんかすごく困っていることはないんですけどね。どっかいくなら、最近冬で、ジャンルの売上が芳しくないし、子供は受験だし…
ということで、ちょっと大きめの神社仏閣に行ってみようかなあと思ったのです。
もっと言うと、折しも、普通二輪の教習が終わって10日間、ほとんど引き籠ってサイト作ってただけなので、ちょっと健全でないなあと。
んで、12月は更新ドメインすらなく、サイト運営の直接経費は1万円もかかってない(´Д`;)
まあ、会社の経費としては税理士顧問費用とか、水道光熱費の一部とか、通信費の一部とか書籍だとかちょっとした外食費だとか入れられるので、まったくないことはないのですが、それにしても経費少なすぎて税金垂れ流し過ぎだろ!つーことで、適当にケチ取材旅行くらいしようかと思ったわけです。

バイクが買えね~~~~~バイク事情が悪い地方。

11月に原チャリが瀕死の状態になり、今後の旅行のことを考えて12月初旬に普通二輪の免許を取りました。
電車やバスで旅行するよりは、二輪で走るだけでネタになるし。
特にそのバイクの車種に興味持ってる人にはまずまずのコンテンツになるだろうし。
ということで、次の旅は普通二輪だな、と思っていました。
でも新しい二輪の購入にはまだ至っていません。
まず、これまでお付き合いのあったバイク屋さんが、普通二輪の取り扱いに超消極的で見積もり全然出てこなかったこと。(通販も積極的にやっているお店では即出た)
わざわざ「オタクで普通二輪買うよ」と言いに行ったにもかかわらず、やれオプションつけるの面倒だとか、自賠責の要望も何も確認しないとか、こちらから話しかけないとほぼ無視、みたいな態度でした。
数日たっても「見積もり?まだまだ」みたいな「ひょっとして忘れてた?」感じだったので、さすがに切りました。
普通二輪の取り扱いをほとんどしていないようなバイク屋さんにお願いしても、今後の点検や整備なんかでもいちいちイライラさせられるでしょうから。
最近は地方の街のバイク屋さんは原付や原付二種ばっかりの取り扱いなんでしょうね。
バイクがせいぜい通勤とか、新聞配達とか、銀行、信用金庫さんの営業とかそういった実用的な利用しかされないのでしょう。
ただ、通販をやったり、オークションや買取を積極的にやっているところでは、純粋にバイクの新車、中古車を販売することで利益を得ているのでしょうけどね。そういったところは地方都市にはほんの数軒もないですね。
でもそういうところは見積もりも早いし、内容も納得できるものだし、オプションの取り付け費用明細などもきっちりしています。
盗難保険とか、店主催のツーリングなどもあるし。
多分、車検(400cc以上)やオプションの取り付けやツーリング時のトラブル対応なんかもレベルが高いんじゃないかな?
そこらの家族運営のバイク屋さんとは充実度が違いすぎですよね。
バイク屋さんはホント、大きいとこと小さいとこではどんどんスキル差が広がっています。
普通二輪以上は趣味でないと乗れませんわ。
乗る人が少なくなり、取扱いに積極的なバイク屋さんも少なくなり、需要が少ないのでメーカー納期もどんどん延びてるし。
まあ、そんなわけで、二輪の購入には結構時間かかってます。
嫁がまだ二輪教習中っていうのもあるけど。
2台購入するつもりなので。
んなわけで、今回の旅行は普通に電車で行きました。
旅行なんでしょうか?というくらい行き慣れた道中。
僕、昔、大阪に単身赴任していたので、京都には仕事でもたまに行ってたし。
観光っていうものをあまりしてないだけで。
だからまあ、つまらんけど、書かなくちゃ経費にならないしなあ…(´Д`;)

スポンサードリンク



行きの列車は「エヴァ」だった。幸先いいのか??悪いのか??

京都の目的は「商売繁盛」祈願と、子供の「受験合格」祈願です。
あとは適当に寺社仏閣をふらついて、紅葉が残ってたらいいな、くらいで。
ただし、ネット調べてもほとんど「落葉」だったけど。
特に感慨もなく、12月15日(火)、行きつけのスポーツジムの定休日に合わせて旅立ちました。
1泊2日の予定で。
当日は岡山駅まで、ゆっくりと壊れかけの原付で行きました。(迷惑な)
ここでいつもの僕の心意気だと鈍行+新快速で京都まで行くのですが、なにせ1泊2日なので時間がありません。
そこで、やむなく新幹線を使います。つーか、でないと経費消化できんし。
でも、僕は早くて狭い現行の最速特急「のぞみ」は嫌いなので、新幹線の中でもゆったり乗れるだろうと「こだま」を選びました。
というのも、僕が単身赴任していた2007年、2008年当時は最初の新幹線である「0系」と「100系」がこだまをやっていて、シートがめちゃくちゃ幅広だった記憶があったからです。
今回もそれが目当てでこだまを選んだのですが…
来た列車は…なんと、「ご…500系~~~~~?」

P_20151215_094501_HDR

「500系ってすでにこだままで堕ちてたんか…(;´Д`)知らんかった…」
そりゃそうですよね…500系が「のぞみ」だったころって、今から20年位前ですもんね…にしてもそう考えると700系って超長寿ですね~~(;´Д`)
仕方がないので500系に乗り込む。うーむ、なんだか、幼稚園児が8号車にいっぱい乗ってくぞ?最近は園児の遠足でも新幹線使うのか?12月遠足って汗。
園児を避けて7号車に乗り込むと、なんだか様子がおかしい。
そういえば、列車の色変だったよな…出発…社内放送が「て…天使のテーゼ~~~?(エヴァンゲリオン)」「エヴァ列車だった~~~(;´Д`)」
どうやら、1号車はエヴァのコックピットシートがあるらしい。全然ファンではないが興味はある…(V_V;)

P_20151215_094527_HDR
いや~知らんかった。JR西。なかなかやるもんだ。
しょっぱなからブログネタありがとう…しかし…500系、「のぞみ」よりシート断然狭え~~~(;´Д`)
全く我が『望み』かなわず…

怒涛の外国人地獄。やっぱりか~~~~~~~(;´Д`)

京都について、早速、伏見稲荷大社を目指すことに。
JR奈良線に乗り換え。
2駅目、稲荷駅が最寄駅。
この伏見稲荷大社。外国人の最も人気スポットとか。
大量の外国人を神社で見るのは風情もへったくれもないんだけども、商売繁盛の神としての稲荷大社の総本山に行かないわけにはいかない。
なんとこの稲荷社、実は岡山にも大きい神社がある。
最上稲荷、別名高松稲荷である。(地名が備中高松という)
実は片岡は10月頃、最上稲荷に赴き、おみくじを引いている。
その際、な、なんと「凶」が出た。人生初めての凶である!

P_20151020_162127_HDR
その商売繁盛の神に下された「凶」たる運命をもってアフィリエイトに臨んでいた。
11月惨敗。
そろそろ風向きの変化はどうだろうか。お伺いを立てたい。
大量の外国人を覚悟したが、電車内はさほどでもない、というか、車内の人数はさほどでもない。
まあ、もし電車内の人のほとんどが稲荷駅で降りるんだったら、まあ、多いけど…
ごく小さい駅の稲荷駅にみんなが下りるとは考えにくいよなあ。
ちょっと安心しながら、電車に揺られることほんの10分。さあ、降りるか…
「どっっっッ!」
うああああああああああああああああああああああああああああああ!
み、みんな立ち上がって、一斉にドアに向かい始めたあああああああう!
な、なんてこった!
本当にほとんどの人がこの駅で降りるのかよ!恐るべしッ恐るべしッ稲荷いいいいイイイイイイイイイ…(;´Д`)(byジョジョの奇妙な冒険)
……
僕が甘かったです。はい。
稲荷駅でほとんどの人が降りてます。
平日の昼前に、小さい駅から延々と人が降りてくるヘンな光景です…

P_20151215_115605_HDR

しかし、電車の中のほとんどがなんと中韓台香あたりの人間とは…
うーん、思った通りだった…稲荷大社は外国人だらけだ。しかもそれをのぼりでアピールしやがってる。

P_20151215_115702_HDR
しっかし、見た感じはそこまで大きい神社でもないんだけどなあ。
明治神宮とか、靖国神社なんかのほうが明らかにおおきくね?
一体何が外国人をそこまで引き付けるのか?(´・ω・´)
……
とりあえずは形式通り参拝。
ここが一番のお目当てスポットなので、「願符」を書き、(最近字、ぜんぜん書いてないからキタねーよ…汗)

P_20151215_123719_HDR
大きめの商売繁盛札を購入。
そしてだ、藤村くぅん。いよいよリベンジの時がやってきたぜよ。
「みくじ棒」の入った筒を「商売繁盛」を願いながら振り、みくじ棒を出す!
数字は…
「四」!……よん…か‥やなよかん…
アルバイトの美人なのに愛想の滅茶苦茶わるいおねいさんに数字を告げると、投げるように紙渡しやがった。
まあ、ここまで外人でごった返していると気持ちはわからんことない…が‥
半分イラつきながらおみくじを見直す。
「凶のち吉」
………天気か~~~~~~~~~~~!(;´Д`)

P_20151215_121658_HDR
こんな中途半端なおみくじ見たことないわ。
よっく読むと、内容は限りなく凶。
まあ、これ以上は悪くなりようがないよ、っていうことか。
でもさあ、今が底なら、これから先どんだけ売上でかくなるんだよ!
と、とりあえず最上稲荷の『凶』からはやや復活の運勢にあるわけだな??
しっかし、ここのおみくじってみんな「●のち●」なんやろか‥(^_^;)
……
まあ、おみくじ騒動はこれくらいにして、ちょっと奥に行ってみるか…
伏見稲荷大社の人気の理由がいまだよくわからん。
そして、赤い鳥居の連続が…
あ、そうか、伏見稲荷は「千本鳥居」が有名なんだな。
「千本鳥居」はたしかに美しい…「エキゾチックジャパン」を演出するには十分な個性だな…
でも…
思った通り、千本鳥居は多国籍人種で埋め尽くされ、風情もへったくれもありません。
「すし詰め」。

P_20151215_122802_HDR
僕は「こんな千本鳥居やだ!」と思うのですが、果たしてこの異国の方たちもこんな状態で興ざめしないんですかね?
外国人が見るパンフも人が写ってないから神秘的に見えるわけで…(^_^;)
本当に神聖さを求めるんなら、早朝なんかに来ないとダメなんじゃないのかな。
やっぱり懸念は当たりました。
すっかり外国人見物観光になってしまった感があって、気分が萎えたので、早々に伏見稲荷大社からは退散。

微妙な有名度のところはまだまだ荒らされていない

とりあえず、紅葉が残っていそうなところを近場で探します。
スマホで検索すると歩いて10分くらいの「東福寺」がどうも紅葉の名所らしい。
「通天橋」という橋から見る紅葉が美しいとか。
近いのでなんとなく歩いて行ってみることに。
…京都の道は狭くて車が多くて歩きにくい。
空襲にやられていないだろうから、昔の区画のままだからだろう。
仕方がないですけどね。
にしても、稲荷から少し横にそれるだけでなんとも外国人がいない。
ちょっと極端すぎないか?
多分外国人は、かつて日本人が世界でやらかしたように、ツアー会社が組んだモデルコースをそのまま行ってるだけじゃないだろうか。
だからみんな集まって、風情も何もない光景を作り上げてしまう。
僕が外国人なら、自分たちと同じような外国人ばかりがいるスポットだけを見ていたくはない。
本当の日本の良さが全く分からないから。
そんな旅行のさせかただと、リピーターにはなってくれないよね?
外国人の観光も問題多いんだなあ、と改めて感じる。
東福寺についた。

P_20151215_131637_HDR
東福寺は稲荷のお隣。
そこそこ有名な寺社なのに、外国人はおろか観光客がほとんどいない。

P_20151215_131656_HDR
こんなに違うのがもはや問題。
東福寺は「通天橋」という紅葉や新緑を楽しむための橋というより「渡り廊下」がある。

P_20151215_134820_HDR
ほとんどのもみじは散ってしまっているがほんの少しはまだ楽しめる。

P_20151215_132704_HDR
奥には開山堂という見事なお堂と枯山水の庭があり、落ち着いて古い寺社の雰囲気を楽しむことができた。

P_20151215_133826_HDR

スポンサードリンク



やはりスーパー雨男。雨で午後はだいなしに。

しばらく雰囲気を楽しんでいると、雲行が怪しくなってきた。
雨が3時間ほど落ちるとは天気予報で言っていたが、まだ2時前。
ちょっと早すぎる。
言ってるうちに小雨が降ってきたので、急いで東福寺を後にすることにする。
東福寺駅までは15分くらいか?
間に合うだろうか…
雨はさほど強くはならず、何とか東福寺駅に滑り込みセーフ。
京都駅に戻る。
京都駅に戻って、まだ食事をしていないので、食事ができる場所を探すが、なかなか適当な場所がない。
うろちょろしていると、駅内にある伊勢丹百貨店10階に「拉麺小路」というラーメン街があることが分かりました。
「拉麺小路」は意外とこじんまりしていて、8軒のお店が軒を連ねているだけです。

P_20151215_150213_HDR
まあ、選びやすいです。
せっかくなので、京都に本店があるラーメン屋さんを選びました。
入ってみると、意外にも女性の方が多かったです。
しかもお連れさんなしの。
多分地元の人というより、一人旅なんじゃないでしょうか。
ホント思うんだけど、京都って一人旅が多いと思うんですよー。
まあ、サラリーマンの出張でも一人が多いんですよね。
なのに、気軽に入れるお店って、ラーメン屋さんと牛丼店とハンバーガーなんかのファーストフードくらいしかないんですよ~(・З・)
是非、駅にあるお店はですね、一人でも入りやすいようにカウンターを広めにつけるとか、工夫をしてほしいんですよね。
それだけで売上、劇的に増えると思うんですが。
やってほしいですよね。
ラーメンの味はまあ、ラーメンですね。まずまずでした。
じっと店員さんこっち見てるんで写真撮れませんでした。

京都駅の見どころ?「空中径路」を通りながら、外を観察。

P_20151215_152506_HDR
まだ3時過ぎだっていうのにめちゃくちゃ暗い。降ってますね…
傘持ってない…
仕方ないので、しばらく駅内で時間をつぶすことに。
寒くなかったのだけが幸い。
クリスマスのイルミネーションと気温がマッチしないですね…(これを書いている17日は一気に寒気が南下してきています)

P_20151215_145524_HDR
雨は止まないし、どこかの寺社に行っても拝観時間は16:30までと終わるのが早いので、意外に京都の寺社って回れないんですよね。
そりゃ、外国人にもスポットいくつか決めて、そこに集中してしまうのがわかります。
利益を取る代わりに荒れるかもしれない。
荒れないけども売り上げはさほど上がらない。
どちらかを取ることになるのですね。
まったく世の中難しいものです。
どこかに行くたびに、お金の流れ、経済について考えさせられます。
こんな旅でも意外と自分に役に立っているのかもしれません。
地下から京都駅周辺をぐるっと回ってみる。
京都は駅周りは景観の問題でしょうか。高い建物は京都タワーしかなく、こじんまりしていますね。
中央口で目立つのはヨドバシカメラくらいでしょうか。
そのすぐ裏手に大きなパチンコ屋さんがあったりするのは、大都市としてはあまりない光景ですね。微妙です…
雨は小降りにはなりましたがなかなか止みません。
結局雨に振り回された。自称スーパー雨男の面目躍如です(;´Д`)

イオンも外国人しかいねえ。つーか、日本人はもっと高級なとこで遊んでるのか?

雨が止むのを待っていても仕方ないので、ホテルに入ることにしました。
ホテル、ちょっと離れているんですよね。
今回のホテルは「グリーンリッチ京都南」。
2年前に建ったばかりのホテルで、西日本一帯に展開するチェーンです。
新しいし、1泊素泊まりでも7,800円ほどと安くもないので、どうなのかなと思ったのですが、まあ、特筆するべきところはないかなあ…
キーも普通の差し込み式ですし。余分なコストを削って利益を出すことに注力しました、という感じでした。

P_20151215_183115_HDR

P_20151215_183152_HDR
もう少し出せば、京都らしい老舗の都ホテルとか、そういうところに泊まれるので、京都らしさを求めるならそちらのほうがいいですよね。
今回はまあ、目的が特にそこではないので…
昼食の時間が遅かったので、お腹が減りません。が、何も夕食を用意しないわけにはいかないので、20時頃買い出しに。
雨は夜になってかえって強くなりました。
京都駅の八条口側出てすぐにイオンモールあるんですね…
今は地方は娯楽といえばイオンモールといいますが、ホントですね…京都のような大都市でもそんなんなんだ…(;´Д`)
20時ごろ買い出しに出たのは、イオンが閉まるのが早いということがあります。
イオンが閉まれば、周りに営業しているスーパーはありません。
イオンではハンバーガーをテイクアウトして、スーパーで飲み物やデザートを買い出しするくらいで終わりました。
にしても、客の9割は外国人観光客ですね。
多分。日本人いません。
日本人でこの辺りで生活している人は翌日仕事があるから、もっと早い時間に買い出し済ませるのかな?
本当に日本人の影が薄いです…まあ、僕がケチなだけで、日本人は豪華に祇園で遊んでいるのかもしれませんね。
僕はケチというよりそういう後に残らない浪費型の遊びが嫌いなだけなんですけども…
結局、1日目、京都で観光らしいことをしたのは、京都について3時間程度でした。
久しぶりに書き物をしない、ゆったりとした夜の時間を楽しみました。
せっかくの京都なのに夜の呑みなんて一切ありません!!(酒飲めない。薬の関係で。)
ほんと、自分で言うのもなんですが、安上がりなおっさんですよ。

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>