子どもが全員進路が決まったことで、今後のサイトアフィリエイトにかける思いを再確認。

子ども全員が進学校に合格。全員が大学進学することは必至。学費が怖い(´Д`A)

こんにちは、ガラぽんです。
このブログでは毎回私事を書いているのですが、今回はさらに私事です。
僕がサイトアフィリエイトを始めた要因となっているのが、子どもが3人いることです。
3人の学費を工面するためには普通に会社員なんてやっていては無理だということがありました。
そこで、何かウルトラC級の人生逆転ができないものかと探し当てたビジネスがサイトアフィリエイトでした。
子どもは、上2人は双子で、今春高校一年生になります。
下は中学1年生になります。
下が地元の市立中学に行きたくなくて、学力が高いところに行きたいといったことで、今年全員受験しました。
3人が学力を争っていたとこともあるのですが、それなりに学力は高く、上の2人は岡山市内の県立の進学校に。
下の子は私立の特進過程に進むことになりました。
どちらも名門で、帝大合格者を多数出しているところなので、周りの父母にはうらやましがられているのですが、
これで高卒就職とかは絶対なくて、全員が大学に進むでしょうから、お金が死ぬほど入用なことは決定的となりました。

贅沢なんてしたくない。家族に苦労させないことへの責任を果たせることがモチベーション。

まあ、そうとう金がいるだろうなと思ってはいたのですがね。
たぶん国立に行っても、理系なら1人4年で500万円くらいは生活費を入れずに学費だけでかかるんだろうな。
奨学金は単に利率が多少マシな、でも返済がきつい借金にすぎないのでできたら借りたくはありません。
3人ともキャッシュを用意したいです。
そのためにサイトアフィリエイトを大成させることが僕には必要だったわけです。
お金雑誌に出ているような成金趣味のベンツなんて要りませんし、海外旅行にも行きません。
高級時計も、洋服も要りません。
ただ学費と自分と妻が子どもたちの将来に足枷にならないようにしたい。
サイトアフィリエイトのモチベーションとしては低いでしょうか?いや、ベンツ買うより高いんじゃないかな^^。
しかし、子どもが高校生になる前にまさか副業を株式会社化できるとは思ってませんでした。ここまでは上出来です。
これからも向こう10年以上今以上に頑張ってコツコツ積み上げていけられたらと思います。

サイトアフィリエイトは長期にわたって最も安定しているネットビジネス。でも疑問に思う人もいるでしょう。

僕が副業としてサイトアフィリエイトを始めたのは理由はこのように明確ですが、サイトアフィエイトを選んだのには理由があります。
それは、サイトアフィリエイトが最も大崩れしにくく、長期にわたって稼ぎ続けられるスタイルのネットビジネスだと
思ったからです。
それを否定する人もいるでしょう。
10年前、2006年頃には、GoogleとYahoo!が明確に分かれていて、検索エンジンの精度としてはとても
低く、プログラムによるサイト量産でも、適当な被リンク施策でも稼げた時代でした。
そもそもサイトを作るには、HTMLではホームページビルダー、ブログではムーバブルタイプくらいしかなく、まだ
シーサーや忍者、FC2などの無料ブログや無料ホームページが結構主流だったと思います。
その時代から2、3年は被リンクさえ付ければ稼げるといった風潮が続きました。
まともなコンテンツなんか入れなくても、キーワードだけ気を付けてリンクさえ付ければ上位表示したのです。
しかし、2010年代になると、検索エンジンの検索精度は急速に上がっていき、語彙の揺れや打ち間違いも正しく修正
されるようになってしまいました。
そして、現在では、スマホで音声検索が主流となっていっています。
検索エンジンの人工知能はどんどん進化して、コンテンツのごまかしは全く効かなくなっていっているのです。
検索エンジンの精度が上がるにつれ、コンテンツが弱く、キーワードとリンクだけで上位表示していたサイトは消えていきました。
その方向性でアフィリエイトで荒稼ぎしていた人も散っていきました。
だから散っていった人たちはサイトアフィリエイトは変化が早く、旬の短いネガティブなイメージがあると思います。
今後の傾向としては、ますます検索エンジンの精度は上がり、ユーザーが行間で求めるものをより汲み取って検索結果に返していく方向性になっていくでしょう。
今、昔のようには行かなくても、まだまだリンクをつければ行けるんだ、なんて考え方は多分数年後には通用しません。
検索エンジンはより人間の知能に近くなっていき、人間の意を汲み取り、隙のない検索結果を返していくのです。
実際に検索エンジンの進化、変化はとても速いものです。
こんな早い流れの中で、どうして僕が「サイトアフィリエイトが最も大崩れしにくく、長期にわたって稼ぎ続けられるスタイル」
だというのか。
多分イライラして石でも投げつけてやろうか、なんて思われる人はいらっしゃるのではないですかね。

スポンサードリンク



サイトアフィリエイトをする上で、最も大切にしなければならない本質的なところは何十年経っても変わらない。

なぜ僕がそう考えるかというとですね、それはですね、検索エンジンの進化の方向性が僕の昔から考えていた「正統進化」の予想通りだからです。
検索エンジンの進化の方向性というのはひとつしかないわけですね。
それはいかに検索者の見えない思いや意図までもしっかり読み取り、正しい検索結果を返すことができるかということを突きつめようとしているということです。
これはGoogleにとっては、検索エンジンが世に出た時からの課題であり、検索エンジンがある限り何十年も目指していく方向性でしょう。
これに対応することは、何も特別なことをしなくても良いのです。
ただ、訪問者を意識して訪問者が喜んでくれるようなきちんとしたコンテンツを用意すればいいだけの話です。
いや、それは決して、きれいな業者のようなサイトを作れというわけではなく、自分なりに訪問者の立場に立ち、彼らが何を求めて来られるのかをしっかり考えその答えとなるようなサイトを作る。コンテンツを用意するだけでよいのです。
そこに大量の被リンクも要らなければ、客寄せパンダのような中身のない記事も要りません。
そして、検索エンジンが今後もずっと正統進化していくということがどういうことかを考えれば、どのような方向性にサイトアフィリエイトを進化させればよいのかを考えるのはさほど難しいことではありません。
つまり、今後は個性をきちんと持ち、自分でしっかりコンテンツを作れるという人がサイトアフィリエイトでは強いのです。
多分今後ずっとそうでしょう。
それが検索者が検索エンジンに求めるコンテンツだからです。
そして、検索者に求められるコンテンツの延長線上でビジネスをしていくこと。
それがサイトアフィリエイトというビジネスの本質だと僕はとらえています。
僕は自分でコンテンツを作りこみ、検索者に返していくことをモットーにしてきました。
それは、ずっと前々から上記のような方向性で検索エンジンが進化していることを感じ取っていたからです。
そしてその流れに沿おうと、一時的な大きな収入を狙わずに3年後、5年後、10年後を考えてここまでやってきました。
1か月で稼ぎたい。3か月で稼ぎたい。と思ったことはないといえばうそになりますが、それでも、一度にたくさんは稼げなくても、検索エンジンの進化についていける方向性で、サイトアフィリエイトを展開させていきたいと思ってきました。

商売の本質も永遠に変わらない。真の勝ち組になるには商売の本質を突いたビジネスを意識する必要があると思う。

今後、サイトアフィリエイトは検索者の思いをくみ取り、しっかりしたコンテンツを、答えを返す姿勢が求められる傾向がさらに強くなります。
PPCやフェイスブック広告ではいざ知らず、検索エンジンでビジネスしていくからには、1人1人の検索者を大事にする丁寧な仕事をしていかないと収益に全くならない時代に入っていくでしょう。
今すぐなんでもいいから大量に稼ぎたいというエゴが通用した時代は完全に終わります。
なかなか収益は上がらなくても、コツコツよいものを作り、積み上げていく地道な姿勢が報われる時代となったのです。
そして、そのスタイルを貫き、良いものを上げていこうとする姿勢が結果につながるサイトアフィリエイトは、
「最も大崩れしにくく、長期にわたって稼ぎ続けられるスタイル」
のネットビジネスだと僕は確信しています。
そして、それは実は商売の本質ともいえるものです。
人が「必要」「欲しい」という気持ちのきっかけというものは、いつの時代でも変わることはないのです。そこに報いるコンテンツを返し、そして利益は多少薄くてもその思いに合った提案を「丁寧に」していくということが正しいのです。

僕は一攫千金には興味がありません。いい車にも、広い家にも興味はありません。
ただビジネスの本質をサイトアフィリエイトにきちんと反映させる。そのようなコンテンツをコツコツ作ることで、将来の自分と自分の家族が健やかに過ごしていける地盤を守っていきたいと思っています。

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>