僕がSNSをほとんどしない理由

こんにちは、ガラぽんです。
突然ですが、巷ではSNSが大流行していますね。
Facebookをはじめ、ツイッター、インスタグラム、LINE@(ビジネス)…
まあ、大流行といっても、種類は少ないのですけども。

僕はツイッターはやっていましたが、今はやめています。
Facebookなんかもやったほうがいいのかな?と思う時もあるのですが、手が出ませんね。
ツイッターがつとまらないのに、Facebookが務まるわけないな…(;^_^)
今日はなぜ僕がブログをやっててSNSをやらないのかを話していこうと思うのですが、途中で人によっては「不適切なことを言っているな~」ていうようなことも書いてしまうかもしれません。
ご容赦ください。

SNSは「承認要求」ツール。承認要求に振り回される大問題。

SNSって、基本的には交流ツールなんですけど、ちょっと性格的に「承認要求」ツールでもあると思うんです。
「自分を認めてもらいたい」「自分を見てもらいたい」という要求があって始めて楽しいと思えるのかなと思います。
僕の場合はそういうのが全くなくって、ツイッターはブログの集客のために始めた部分はありますが、そもそもブログで何かを売りたいというのもなかったので、集客すること自体に意味がありませんでした。
結局、承認要求自体が全くない僕としては、最終的にはツイッターに振り回されるだけになってしまいました。
誰も別に気にしているわけでもないというのはわかっていながらも義務でツイートしていた部分がありますが、もう完全に止めてしまいましたね。
SNSなんていうのは、そもそも承認要求のある人の集まりなわけですけども、しっかり目立ちたいなら他人の承認もしっかりしなくてはなりません。
つまり、他の人をしっかり「フォロー」して交流を深めていかなくてはなりません。
ただ、それを繰り返していると、生活自体がSNS中心の生活になっていき「やるべきこと」ができなくなります。
SNSに常駐している人がかならずしもきちんと他の人の承認もしているとは言えませんけども、(たとえばツイッターで発信はしているがフォローはあまりしてないとか)まあ、多くの人がSNSに振り回されるような生活になっているのではないでしょうか。
それはまあ、表面的には友達一杯いて、楽しそうで、忙しそうで凄い人のように見えて自分も満足だし、他人にも見栄えするしいいのかもしれません。
でも、そんな忙しさって必要なんですかね?

スポンサードリンク



SNSで知り合った人はどこまで行ってもSNS止まりにしかならない。薄い知り合いを日本中に増やしてもねえ…

そもそもなんですけど、SNS上で知り合った人っていうのは、どこまで行ってもどうしてもSNS止まりになってしまうんです。
これは僕にとってはですけどね?違います?
それ以上それ以下でもなく、一度会っても、二度目会わなくちゃいけないかな?という気持ちにけっこうなっちゃいます…(;^_^)
なぜか?それは一緒に窯の飯を喰った中ではないからでしょうね。
気が置けるわけではないからということです。
何かいいことがあっても、こころから共有して喜ぶ、何か悪いことがあったとしても、心から共有して悲しむというわけでもない仲。
そういう仲の人を増やしまくっても、さらに一人一人は薄くなるだけで。
なんか意味がないような気がしてきちゃったんですね。

SNSで承認されることのメンドクササと危険性

SNSを本当に楽しむんだったら、SNSずぶずぶになる必要があって、承認されるために虚勢を張らなくてはならないこともでてくるでしょう。
実際そんな人は多いと思います。
SNSは「承認スパイラル」で生活に支障をきたすことになるのがやっかいなんです。
ちなみに、SNSでのビジネスもこの「承認」がものをいいます。
「これからはSNSも使ってビジネスをする時代」と息巻いている情報ビジネス界の輩は多いのですが、それは昔からあるメルマガビジネスにに似ているからです。
SNSはブランディングの道具。
ブランディングできなくては、いくらSNSで商品を売ろうと思っても売れません。
それはSNSがコミュ二ティツールであり、承認要求がある人が常駐してるにすぎないからです。
それこそ、虚勢を張り、注目を集められなくては商売なんてできないでしょう。
まあ、それがきちんとできればブランディングできているとなりますので、商売にはなるとは思います。
ですが、当然、露出が激しくなる分危険も大きくなります。
露出する割には文章と写真、動画のみでの交流になり、直接会って人柄や態度も交えて話ができるわけではないので、誤解を与えやすいのです。
「誹謗中傷を受け易い」、「炎上しやすい」ということです。
基本的に一方的に情報を送りつけるメルマガビジネスより要らぬ敵意を与えたりする可能性が大きくて、随分危険なのではないでしょうか。

5年後、10年後に向けて活動している自分に「承認スパイラル」で足止めを喰らっている余裕はない。

僕は「承認スパイラル」で仕事に足止めをくらうようなものを楽しむ余裕なんて今はないですね。
なにせ、5年後、10年後を向いて今はコツコツサイトを仕込んでいきたいという気持ちが大きいものですから、今はSNSで承認されたいなんて要求がありません。
(検索エンジンビジネスは、5年後も10年後も衰えないと思います。ただ、検索エンジンはよりユーザーの方向を向いて、ユーザーが使いやすい形、ユーザーが探している情報を的確に返せる形を模索していく、というだけでしょう。)
僕はこのようなSNSをやらない代わりに細々とブログをやっているわけですが、ブログは承認要求なんてありません。
ブログをやっている理由としてはやはり「考えていることの整理」になるからですね。
日記の代わりです。あのころは何を考えていたかということ。
スランプになった時に、過去の自分を振り返ること、良かったころなんかは何を考えていたのか。振り返ることが結構復調のきっかけになったりしますね。
まあ、あとは「あの人どうなったかな」と僕のことを気にしてくれるちょっと奇特な(失礼)方を安心させるためですかね。
そういう奇特な方たちへのお礼にほんの少しでもお役に立てればいいのかな?というそんな気持ちです。
ただ、交流はしたくないのですけどねえ。サイトアフィリエイトのことでは。
理由は過去随分書きました。お察しください。

ゆるくやれるならSNSは多少かじっておいたほうがよい。

まあ、緩くやれるなら代表的なSNSは多少はかじっておいたほうがよいでしょうね。
最近はリアルでも「なんかSNSやってます?」みたいなことを聞かれることは多いものです。
Facebookやツイッターをやる必要はないでしょうが、LINEくらいは、「電話や携帯メールのように余分なコストがかからずに連絡が取れる手段」としてかじっておくべきでしょう。
でないと、SNS先端を行く女性には「おっさん、ウザ」と思われます。
まあ、SNSにのめり込んでいる層はコスパが悪いから、あまりいい顔をして、本気で相手にする必要はないのですが、もしネットビジネスをかじっているなら、LINEくらいはできるようにしておくことと、SNSの知識くらいは一通りもっておいたほうがリアル生活の中でも体裁はよいでしょうね。
そのあたりはしっかりと「打算」を働かせて、コスパに見合う使い方をSNSではうまくしておきたいですね。
ネットビジネスで生計を立てる立場としては(^^)

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>