前回上げた記事の補足。ホワイトでもアクセスが下がる事例について。

こんにちは、ガラぽんです。
前回上げた記事では自分なりに数年にわたっていろいろ検証実験してきた結果、「こう考えれば理に適っている」という現象を解説したわけですが、少し補足したいことがあるので、書いておきます。

ペナルティを受けたり、コンテンツコピーされた場合はいくら待っても「N字型」のアクセス推移にはならない…と思う。

前回、中古ドメイン、自作自演の場合、落ちてきても放置すべきという見解をしました。

1つのサイトを大規模化したほうがよいのか。小さなサイトをたくさん作ったほうが良いのか。

この場合、「少しの」自作自演に止めていることと、「ずるずる」というだんだんに下がってくるというような場合ですね。
その場合は放置したほうがいいと思います。
また、アルゴリズムの変動により落ちたとも考えられます。
その場合は、細かいアルゴリズムの変動によりまた優位に立てる状態になるまでいくら手を入れてもなかなかうまくいきませんので放置するしかないと思います。
Googleのアルゴリズムは毎日変わっていて、細かいページごとに上下するので、今日Aという商品が急に売れるようになったけども、2日で終わった。とかそんな状況は多いものです。だから焦っても仕方がありません。
ただし、本格的にペナルティを受けた場合や、コンテンツをコピーされた場合はこれに該当しません。
対処しなければ落ち込んだままです。これは当然ですよね?
見分け方は、ペナルティの場合は1日、2日で急激にアクセスが減りますし、コピーされた場合は1週間程度でアクセスが数分の1くらいになります。
僕は自動ペナルティは2012年頃に数度受けたことがありますが、(その時はまだリンクをやっていた)
ホントにサイトが飛んでしまうので、アクセスがポンと落ちます。「サイトが落ちた~」じゃなくて、「飛んだ~」です。
自作自演をやめてからは飛んだことは一度もないですね。

ホワイトでアクセスが落ちる場合はペナルティ以外に原因がある。その全てを上げましょう。

僕は自作自演がうまくないので、自作自演をもう随分やってませんが、止めて以降飛んだことはないですね。
つーか、「すべてオリジナルで1から記事を自力で書いた場合は」絶対飛びません。
「ホワイトでも飛ばないとは限らない」なんていう人、いますけど、その人ホワイトやってないか、自分で書いた記事じゃないんでしょ?(僕はつくったことありませんが、トレンドサイトというものはリンクなくてもペナルティ受けるようです。原因は記事的にまったくオリジナリティがなく、ほとんどコピーコンテンツ状態だからだと思われます。)
ただし、僕はサイトを数十サイト運営している中で、ズルズルと落ちていく例をずいぶん見てきました。
そうなった原因はすべて検証済みなので列挙します。
ホワイトで落ちる場合は、以下のことがあります。やっぱり、対処可能なものと不可能なものがあります。

1、順位は変わらない。アルゴリズムの変動、季節的なもので一時的にそれこそ徐々にアクセスが多少落ち込んでいるだけ。 ⇒ 何もせずともいずれ戻ることが多い。

2、ページ数の帳尻を合わせるために600-700文字程度の中身のないページを増やしすぎた。 ⇒ noindexにしたら2、3か月程度で戻ってきた。
※外たとえオリジナルでも、600-700文字程度だと気持ちがこもりようがないので順位上がりません。僕も昔はそれくらいしか書いてないサイトが多かったですが、しっかり加筆、気持ちを入れてぐんぐん上がっていきました。
最近では1000文字くらいでもきついですね。1000字程度では起承転結できるほどの文章量ではないので、意味があまり通ってないのかもしれません。

3、流行りが終わった。 ⇒ どんなに頑張っても無駄…(;´Д`)ASPのプログラムも終わっていったり、発生率、確定率が極度に下がっていってたりするのでわかる。

4、特定のキーワードで極度にアクセスを集めていた場合、順位が1つ抜かれただけでかなり落ちます。僕はあるサイト1位から3位に下がったらアクセスが半減しました。

5、どうしようもないアルゴリズムの改悪。最近では「検索結果上下のPPC(アドワーズ)枠が増えた」「Googleショッピングの差し込みが拡大した」

など。

ホワイトの場合はペナルティを受けることはありませんので、アクセスが落ちたら大体状況を調べればわかるものです。
以前までアクセスを極端に集めていたキーワードで順位を検索してみるとかすれば、状況がすぐにわかります。
対処しようのあるものか、ないものかは状況を見て判断してもらうしかありません。
すでに流行っていないものはどんなに加筆しても無駄です…
アクセスは多少増えてもCVしないので。

スポンサードリンク



ペナルティの場合はペナルティに対処するしかない。けども対処できないペナはあると思う…最近はよーわからんけど。

僕は最近「自動ペナルティ」のようなものは受けたことがないので、対処がよくわかりません。
ただ、数年前に受けた時は、検索結果からいなくなっていました。
Googleからのメッセージは届かなかったのですが、検索結果から飛んでいましたから、明らかにペナルティだろうなと判断しました。
リンクは外して放置。2年くらい放置しましたが、全くアクセスは上がりませんでした。つまり検索結果に戻してもらえることはなかったということです。
ただ、リンクの外し方はあいまいでしたし、再審査リクエストをしようにもペナルティメッセージがないわけですから、ペナルティとも認めてもらえないのでどうしようも無かったのです。
もう、こういった場合は捨てるしかないんじゃないかな。
ホント、手動ペナルティのほうがいいですよね。まだ復活の芽がありますから。
それに、自作自演でも、ある程度の期間上位表示を続けていたということはですね、自然リンクもいくらかついてるんじゃないかなあ。
手動ペナから復活したのほうがむしろアクセスが伸びたという例、多くないですか?
ひょっとしたら手動ペナの前に軽く自動ペナ状態だったんじゃないですかね?
あーあとコンテンツをコピーされた場合は、Googleに通報してくださいね。
これは僕、前にダイジェストで記事にしましたよね。

うわー、ついにホワイトハットサイトにもペナルティか?特定サイトのアクセスが激減!(;´Д`)

あれから、元のアクセスにはまあ、だいたいは戻ってきたのですが、それは4月も末になってからですから…
うーん、何カ月たった?まる4か月でも戻りきらないよ…
アクセス元通りになるには、対処してもらってから半年くらいかかりますね…
Googleのせいじゃないから文句言えんし…

ホワイトでもどうにも対処できない「ズル下がり」はどうしてもある。

ちなみに上の4の場合とか、対処どうしようもないんですよね~。
マジで中古ドメイン、被リンクバシバシはってある「ペラ」に抜かれること、いまだに多いですよ。
あと、●●サプリとかの場合はどっかの公式ページが急に1位、2位になってしまうとかいうことも…
ペラ、飛んでいかないかな~って思うんですが、そういうやつに限ってなかなか飛んでもいかないのです。
ひょっとしたら、ペナルティって、全部手動でやってるのかもですね。で、メッセージは一部にしか送ってないとか。
だったら、ひどい話なんですが、Googleさんのやることだからありえますね~(;^_^)
ただ、我慢して待っていたら飛んでいくこともあります~
また、再度のアルゴリズムの変動で返り咲きは結構あります。
大きな上昇変動は1月、5月くらいが多いような気がするなあ。大体時期が決まってたりするな。
まあ、考えなしに手を入れるときに限ってなかなか戻らないことが多いので、やっぱあまり順位の復活に躍起にならずに新サイト増やしたほうが将来的な収益をあげる効率は良いと思います。
ちなみに最初から思ったようにアクセスが伸びなければ、方向性かえるよう、大幅に手を加えたり加筆してくださいね。^^。そりゃ戻るとかいう以前の問題なので。
5はもう、ホント、どうにもなりません~~~。
あまり大きな、●●サプリのような商品に触れるようなキーワードは極力狙わないようにサイト増やすかですね~(;^_^)
やっぱ、ここでも対処は別のサイトを増やす、ということになっちゃうんですよね。
まあ、当たり前のことだと思いますが。

結局、サイトを増やすしかないのです…

結局ですね、ホワイトでも「ズル下がり」のリスクはあります。
しかも対処しようのない「ズル下がり」。
ペナルティではないですけどね。
だから、1つのサイトにこだわらずに、10、20とサイト増やしていったほうがいいですし、ジャンルは徐々に開拓していったほうがよいに決まっていますね。
まあよく「1つのジャンルにこだわったほうが収益が伸びやすい」ともいうんですが、でも参入したジャンルがすでに下火だったらどうにも伸びませんしね。
ということで、僕は最初は少なくとも2、3ジャンル参入、各サイト2、3サイトくらいは視点変えて作ってみたほうがいいかな。とは思いますね。(僕は最初3ジャンルから入りました。そのうち1つがブレイクしました。ほかもぼちぼち上がってますが。)
まあ、1つジャンルにつき、大規模サイト1つ作って、「お宝クエリ」探しに行ってもよいとは思いますがね。
(メインキーワードにしていないのに、たくさんアクセス取れていて、CVしていそうなキーワードをアクセス解析から探し出すことで見つかる場合が多い。それをお宝キーワードという。
なお、大規模サイト中の個別記事タイトルに含まれるキーワードの場合が多い。)
ただ、大規模サイトつくるんなら、しっかりテーマを絞った2、3サイト、そんなにページいらないから作ったほうが収益の上がりは早いですね。
お宝キーワードって、結局知恵袋とか、ネイバーなどから拾った『いかにも「こうしたい、こうなりたい」という願望をもって検索しそうな言葉』とか、今の状況を改善したいというニュアンスがある言葉でよかったりしますしね。
中村式の中村さんのキーワードもだいたいこんな感じでしょ?
「赤ちゃんのぐずり(をなんとかしたい)」「出産 入院 暇つぶし(暇を持て余してるからなんとかしたい)」「自衛官と結婚したい」etc…
中村さんのはちょっとスモール過ぎていて記事あんま増やせないですけどね。
実際は「ちょっとこれは参入きついかな~」と思うキーワードでも少しくらい競合いても、「複合狙いなら」自分の予想以上に上がりやすいことが多いので、まあ、入ってみてください。

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>