あ~!理由分かった!中古ドメインだったのか!

うーむ、しつこい…ロシア人?日本人?

にて、ロシア人サイトにコピーされたのを訴えて、ようやく最近アクセスが戻っていた例のサイト。
それがまたしてもアクセスが激減したと書きました。
このサイト、サーチコンソールにて、少し状況調べてみると、ほとんどインデックスが削除されていました。
あまりに気持ち悪いので、もう少し深く調べてみるとこのサイト、やたら海外からスパムリンク飛ばされてる…なんでや…
リンク否認ツールを使うにも、あまりにも種類が多いのでめんどくさすぎ。
にしても、いつからこんなことに?と思って、外部リンクが付けられた履歴の一覧をCSVで落としてみた。

で、見てみると…
な…なに~~~~?(´Д`;)

最初にリンク張られたのが2009年?その後もコンスタントにリンクがどんどん張られていってる~(´Д`;)
しかも今年に入っても~!総数2000本以上!
多分自動だろこれ?
このサイト開設したのがですね、2014年5月なんですよね~~~~~~ありえんやん。

これ、新規ドメインだと思って取ったけど、中古ドメインだったんだ。
しかも多分ペナルティ受けて捨てたやつ。
どおりで同時期に取ったドメインと比べて極端に上がらなかったはずだ!
「そんなに簡単に上がらない、我慢だ」とか思ってきたけど、なんで調べなかったんや~~~~~!

あかん。自動でどんどんリンク増えてるとか、アホや。
※オートリンクネットとか、自動増殖リンク集とか使ったのかな…ひょっとして??やばいね。あの辺は…

今回アクセスが急減したのは、どうやらペンギンアルゴリズムでしょうね~~~
ぼかあ、何も悪いことしてないんですけどね。ブラックに手を染めたことになるのかな?これって…
ともあれ、ドメインリダイレクト決定… いや、生ぬるい。このドメイン完全に消す。完全1からや。
もうね、関連サイトもいくつか作って、きちんと紹介する形で張った正規の横リンクがいくつもあるの。直すの「めんどくせ~~~~~」(´Д`;)

皆さんもですね、極端にアクセスが上がってこないサイトがあったらですね、中古ドメインペナルティ疑ってくださいね。
ちなみに、僕の取得したこのドメイン、けっこう「まさかそれはないだろう」っていうこねくり回した文字列なんです。
しかもハイフンも入れたし。
それでも被るなんて、なんだろう、この奇跡は。
意外と人間、同じセンスという人も少なくないっつーことなのかな‥とくにジャンルを合わせた場合は…
これ、多分リンク自動で付けまくればよかった2006年、2007年くらいの流れで、ノリで2009年に取って、そのままペナルティ受けて捨てたんやろうな。
その変化が過渡期のころやな~2010年にGY統一あったし…
一億分の一かと思えるような「まさか」もあるもんなんですね~~~~
今回は良い勉強になりました…(TT)

P.S.:ってゆーかさ、リンクってサイトまったく別のテーマで作り直しても全然前のリセットされんってことじゃん。
「運営しなくなった中古ドメインのリンクはだんだんリセットされていくから、中古ドメインの効果は以前より弱くなっている」なんてこと書いてあるSEO専門サイトあるけど、全然嘘じゃん。
2009年からのリンク、まだサーチコンソールで出てくるんだぜ?
運営変わっても、全然消えないんじゃん。
それ言ってたの、Google自身かな?
Google社員ってちゃんと自分とこの検索エンジンの仕様、わかってんのかな?って思う時ある。
開発と広報って全然連携できてへんのとちゃう?
Googleが天才集団とかいう奴いるけど、こういうことがあると何が天才集団なんだよって思う(´Д`;)
個々のレベルは知らんが、組織としてまとまっているとはとても思えん。

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>