なんかレバリエイトという無料動画を見た。メルマガはなかなか面白そう…考えたこともなかったけど。

ガラぽんです。
僕はCatch The Web さんというアフィリエイトの会社のメルマガを取っているのですが、またなんか面白いものを出してきましたね。「レバリエイト」とか。
メルマガでレバレッジを効かせて大きく稼ぎましょう、とかいう内容のようです。
ちょっと見てみて、メルマガは興味なかったけど、やってもいいかなあ…と思った。
フェイスブックやツイッターはなんとなくコミュニケーションに抵抗があるのだけど、なぜかメルマガはなんとなく興味あるな。
ただ、最近サイトアフィリエイトに若干飽きてきていたので、適当に思ったことを長文で発信したいだけということはあるのだけども。
今まで物販のサイトアフィリエイトにこだわって考えが凝り固まってたけども、もうひとつくらい媒体始めてもいいかなあ…
その際、自分のサイトアフィリエイトノウハウはまだまだ全然未完成なので、人に教える余裕なんかないのだけども、メルマガ読者くらいには「未完成」前提で出していってもいいような気がするな。

「レバリエイト」の内容を少し見ました。

メルマガアフィリエイトともビジネスの本質的なところを追求するという姿勢はサイトアフィリエイトと同じですね。
「長くやっているのになかなか稼げない」、また「テクニックで一時的に稼げたもののペナルティなどですぐに稼げなくなってしまう」という人は「お客様のために」というビジネスの本質を理解していない人が多いですね。
お客さんを人として捉えていない。魚かなにかだと思って、サイトやメルマガを魚釣りの道具とでも思っているということでしょうね。
そういう商材がありましたね。大御所さんが出していますが。
ホントに、たとえが悪すぎますね。
サイトやメルマガというのはお客様とのコミュニケーション手段であり、自分の言いたいことを表現する手段にすぎません。
魚を釣り上げるための道具だという感覚があるのなら、それは「おごり」というものです。
レバリエイトは作者さんのお客さんへの考え方がしっかりしているところに好感が持てますね。

商材を出すということは自分の信頼を損なうリスクもあるということ。諸刃の剣。

しかし、あれですよね。毎年成長しなければならない企業のCTWに炊きつかれたのかもしれませんが、よくこんな大風呂敷広げた商材にしたものだと思いますね…
このような商材にすると、多くの人は景気のいい数字の部分だけを見るので確かにブームみたいなものになってわっと売れます。
でもそのあとの反動がすごくないんですかね。
正直、いくらこの商材の作者さんがですね、「多くの人がメルマガビジネスの本質を見ていない。本質をみよ」といってもですね。見ませんよ、ほとんどが。
だからこそ、他のビジネスでもなかなか結果がでないので流れてくるんですから。
そして、これだけ多くの人が成功したら商売が成り立ちませんから、ほとんどの人が今までと同じで「思ったように稼げない」と挫折するでしょう。
そうなると、怒りの矛先は作者さんのところにいってしまうと思うんですけどね。

ビジネスに「成功し続ける」には「育てる我慢」と「自分なりに工夫し、身につけようとする姿勢」が必要

サイトもメルマガもなんですが、焦ってなんでも「売りたい売りたい」ではお客さんに相手にされなくなってしまいます。
いやらしさが前面に出てしまう。雰囲気はブログからもメルマガからも伝わってくるものです。
売れなくても、本当の信頼が得られるまで真面目に情報発信を続ける必要があるのですが、そこまで我慢できる人が少なすぎるのです。
また、プラス、自分できちんとメルマガを育てるための工夫できる人、工夫しながらも、その工夫で成功したなら体験談にできるしね。そういう人が本当に成功する、というか一時的な成功でなくて、今後もぶれずに前に進んでいけるのです。

メルマガを始めるということだけではなく、ブログでも書いたことに対して責任を持たなくてはならない問題

僕がですね、アフィリエイト関連とかでメルマガなんかに踏み切れないのは、書いたことに対して責任を取らなくてはならないからです。
メルマガで商材購入をあおったが、情報を受け取って購入した人がうまくいかなくて、もし怒りの矛先を販売者側に向けた場合に適切に対処しきれるのかという問題があるからです。
もちろん、中には自分がきちんとやっていないのに怒りの矛先を向けられるという理不尽も多くあるでしょう。
まあ、ブログでも同じですけどね。不特定多数に対して発信していることは、責任を持たなくてはなりません。
ですから、僕は長文の中でも言葉は選びますし、自分はこう思うということでも、理由を丁寧に書くようにしています。
なんでも世の中「責任とれ」になるんですよ。不都合が何かあった場合。最後はね。
世の中のスキャンダルはすべて無責任から生まれたものなんですけどね。
社会人である限り、自分のやったことに対して適切な責任を取るということが大切なんですけども、責任を取れないことをやってしまう人が多すぎるわけです。
というかですね、あとで「責任とれ」といわれるようなことをやること自体が問題だと思うんですよね。
それは自分の影響力というのを全く真剣に考えていないということです。
マスゾエ問題にしろ、甘利問題にしろ、ベッキー、ゲス問題にしろ、乙武問題にしろ…
そういうことで、責任について真剣に悩んでいた僕は「メルマガはアフィリエイト関連とかでやるべきじゃないよな~」と思っていたのですがね。この作者さんは思いっきりアフィリエイト関連のメルマガですよね。
一体どうやって不特定多数に信頼を得続けることができているのかが知りたいですね。ホント。(実はできていないかもですが…)
メルマガ読者は自分が選べないですからね。不特定多数です。
果たしてきちんとこの問題、僕が納得できるクリアな解決法があるのでしょうか…?

信頼の問題をどう克服していこうとしているのか。それが知りたくてセミナーに出てみることにした。

今回、上のように「信頼」においてとても問題があるアフィリエイト関連のメルマガビジネスで、
一体どうやって読者さんとずっと良い関係を築くことができるのか。そこをこの作者さんがどう考えているのかを知りたい。
と考えた僕は募集しているセミナーに出てみることにしました。
上の問題が払しょくされて、僕の中のメルマガ発行に対する不安がなくなるようであればメルマガやってみるかもしれません。
僕の経験がまあ、
「本当にやる気があって、良いビジネスパートナーになっていただけそうな方」
に対してはお役に立つことがあるかもしれないし。

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>