レバリエイトの無料セミナーに行ってみた。その結果…

ガラぽんです。
今日、大阪で「レバリエイト」の初の無料セミナーが開かれるということで行ってみました。
目的は「マップ」つまり作業やスケジュールをすべてまとめたマップの参考資料をみたいということと、前回の記事書いたような疑問

なんかレバリエイトという無料動画を見た。メルマガはなかなか面白そう…考えたこともなかったけど。

を払しょくできるかということを知りたかったので。
都会にもしばらく出てなかったし、言ってみました。

ネタバレになることは言えないのですが、結果としては僕はメルマガは見送りました。
簡単に感想をいうと、言い方は悪いですが、やはりこれまでの稼ぐ系情報商材メルマガアフィリエイトと同じようにマルチ的な印象がぬぐえなかったからです。

メルマガアフィエイトノウハウとしてはこれまでになく体系づいているだろうとは思うし、作者さんは頭の言い方なので工夫がものすごく光ります。
ただ、やることとしては、自分の「ファン」を集めてそこから結局、ありったけ買ってもらうような、「搾取」に近い感じになってしまいます。
少ないリストをもって「いくら儲かります」となると、いずれは「ファン」が離反し、信用も低下していくような気がしてならないのです。
もちろん、稼がせれば大丈夫です。大丈夫なのですが、皆が皆稼げるわけがありません。
そしてその人たちに対してずっとサポート、フォローし続けなければならなくなれば、だんだん自分が稼ぐ余裕がなくなっていくでしょう。
これが物販のサイトアフィリエイトと同じように長く続くとはとても思えないのです。
買った人が稼げなくて、クレームが入ったとします。
「いや、それは本人の責任だからサポートは別料金だよ」なんてなかなかできませんよね。
さりとて全員にまともに責任を取っていたら、いずれ稼ぐどころではなくなってきてしまいます…そうなることがどうしても脳裏に浮かんできてしまうのですよね。

まあ、作者さんがそこそこ長くやってきてそのような状況になっていないというのは、購入する人達がほとんど実践しなくて、クレームも入れない、いわゆるノウハウコレクターで買って満足、だからでしょう。
大体はそんなもんといえばそんなもんなんですけどね。(まあ、自分もその「ノウハウコレクター」のリストに片足突っ込んでいるわけですよね、今、要するに。)

どうせそんなクレームなんてそんなにないから…

いや、でもね、僕はやはりそれでも「ノウハウコレクターとなっている方たちにも自分が買わせているのだからフォローの責任が生まれた」と感じてしまうでしょう。
だからこそ、今ブログにさえ情報商材のアフィリエイトリンクなんて入れてません。
まあ、情報商材のメルマガアフィリエイトなんて、石頭、甘ちゃんの僕には無理だね…
なら、情報商材メルマガアフィリエイトを学ぶ必要性はないか…

もし稼ぐ系でリストを集め、何を言われても心折れずにそのリストの人たちをさばく覚悟があるのなら、レバリエイトは確かに稼げると思います。
ただし、「リストの人たちに俺は良い情報を供給しているから、俺は莫大な対価を得る権利がある。皆俺に感謝しているはずだ。」と自分に暗示をかけられる人でないと挫折すると思います。
リストの同じ人から何回もお金を払って商材を買ってもらって、それで彼らがなんら結果が出せてないのがわかっても、商材を紹介した後ろめたさや、同情というか何かフォローしたい気持ちを感じることがない人は、情報商材の売り手として成功できる素質はあると思います。
そのような人はレバリエイトを本気で取り組めるのではないでしょうかね。

僕はそのような性格では全くないので情報商材の売り手にはなれないですね(´Д`)
自分はレバリエイトとCTWさんのリストの一人としては機能しないわ。ごめんね。

P.S.3時間もの長丁場のセミナーなのに、トイレ休憩すら取らなかったのが辟易でした。
座席も狭く、エコノミー症候群にでもかかって気分が悪いという人が出てくるのではないかと心配しました。
CTWさん、ガツガツ売ることばかりを考えるより、もう少しゲストへの気配りなんかも考えることをしないといけないと思いますね。
会社としては企画もすごいし、企画の完成度も高いと思います。
ですが、傍から見て、利益をガツガツ追いかけるのが目立つ組織となってしまって個々の顧客に接する人間味が少し弱くなっているような気がしてなりません。
スタッフさんの目もなんだかうつろで、心の劣化が心配です。

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>