サイトアフィリエイト初心者は今後はこうサイトを作っていくべきなんじゃないだろうか(勝手な主観)

アクセス解析でお宝キーワードを見つけるための具体的手法

こんにちはガラぽんです。

昨日書いた記事ですが

中規模サイトの本当のメリット。ただし、大規模化を目指さなくては収益が上がらない時代に行きつつある。

もうブクマされた方がいらっしゃるのですね?
しかし、一体どこにブクマするような要素があったのだろう‥「お宝キーワード」を見つけるといったくだりかな?

このお宝キーワードを見つけるくだりは大体そこそこ成果を上げている人はやっていると思いますが、それを最もしっかりと消化させている方は「アフィリエイトカレッジ」の伊藤さんかな?と思います。
「かかってこいアフィリエイト」の下の記事でアクセス解析と、アクセス解析で見つけるお宝キーワードの特徴がしっかり書かれています。
さらにはその活用方法。余すところなく書かれています。
ここまでできれば、1サイトで数十万稼ぐというのはそう難しくないと思います。
参考になります。

新規サイトよりも、既存サイトのほうが儲かった:月収100万円サイト作成年間計画結果

小型サイトはガチガチにSEOを施さないといけなくなると思う。収益を上げるにはむしろハードルは高い。

尚、大規模サイトに挑戦する過程において、これからアフィリエイトを始める方、またペラサイトなどしか作ったことのない、しかも目立った成果が出ていない方は及び腰になるかと思います。
よく言われているのは、初心者は最初訓練のためにも小規模のサイトをたくさん作るべきと言われています。
ただ、昨今では小規模サイトは、多分ですが、外部リンク施策をガチガチに施さないといけないほど上がっては来ません。
「ライバルは全くいないのに、検索する人は多いキーワード。しかも売れるジャンルのね。」
なんて超能力者でもないと最初からはわかりませんよ。
むしろ収益はいつまで立っても上がらない可能性のほうが大きくなってきているのです。
サイト作りに慣れるのは大切ですが、複数の中規模サイトをつくるところから始めるべきでしょう。
そして、ゴールを中規模とせずにどんどん積み重ねて、途中反省し、修正していけばよいのです。

スポンサードリンク



メインキーワードはベタでも構わない。記事キーワードの広がりが大切になってくる

メインキーワードはベタでかまいません。
タイトルはベタでも、サイトの個別記事のキーワードなんかは、その問題に直面している「当事者(ペルソナ)」をしっかりイメージして発想するべきですがね。
たとえばですが、もう今はけっこう厳しいかもしれませんが、太陽光発電システムの一括見積サイトのプログラムがあります。
そのプログラムに申し込みたい人というのは、果たして素直に「太陽光発電」「太陽光発電 売電価格」なんて今更打ち込むでしょうか?ということです。
太陽光発電システムを導入したい人はどういう立場の人なのか、その人になりきって考えてみることが必要です。

・リフォームしているが、太陽光発電システムの施工業者を決めていなかった。
・電気料金だけじゃなくて、家計の節約全体に興味がある。
・投資目的で調べているのかもしれない。

このように、様々な立場が考えられるわけです。
こういったことがわかるようになってくるとお宝キーワードの発掘は一気に進みます。
「関連キーワード」ですね。

この視点があれば、キーワードは幾らでも思いつく

ただ、これは難易度が高いので、最初は下のやり方でキーワード、関連キーワードを発掘すべきかと思います。
下のやり方ができれば、50~100ページサイトをいったん形にするためのワードは苦も無く見つかります。
非常に参考になります。

たった1時間で意図が明確なキーワードを100個探し出す方法

メインキーワード守備範囲が狭い横展開サイトも「関連キーワード」を入れていくことで大規模化、高収益化できる。

メインキーワードはベタでも、記事キーワードが工夫されていれば、アクセスは集まり、関連キーワードの発掘も進みます。
そこでお宝キーワードの発掘ができれば、そのお宝キーワードをメインキーワードとし、横展開サイトを作ります。
そのお宝キーワードをメインとして作ったサイトは最初ベタなメインキーワードで作ったサイトよりもアクセスも成果も上がりやすいです。
ですが、難点はサイトのカバーする範囲が狭くなることです。
ただ、少しくらいメインのキーワードからずれても記事は関連記事として書けばよいのです。
そこからまた新たなキーワードが見つかり、どんどんサイトは大規模化させていくことができます。
車買取プログラムのアフィリエイトサイトであれば、引越しが絡むかもしれないので、引越しキーワードで引越し関連の記事を書いてもよいでしょう。
当然記事下には引っ越しプログラムのアフィリエイトタグを貼るべきです。
そうすればよく車買取のアフィリエイトサイトについている車の保険の話題だけではなくて、火災保険の話題も書くこともできるでしょう。
そして、それらのアフィリエイトプログラムのタグを貼ってもよいのです。
僕はプラセンタサプリのサイトでありながら、女性ホルモン繋がりでバストアップサプリを売るとか、そんなことも結構やっています。
記事が訪問者の方のニーズにぴったりハマれば売れるのです。
このサイトというか、記事に何を求めて来られているのか。というのが重要であり、必ずしもプラセンタサプリを売る必要はありません。
記事にぴったりだと思う商品を紹介すれば問題ありません。

このようなことに注意して、今からサイトアフィリエイトを始める方でも、最初は少なくとも2~5サイトくらい複数ジャンルでベタなメインキーワードでも良いので50記事は少なくとも目指して書いていただきたいと思います。
きっと横展開、そして大規模化により収益は大きくしていくことが可能です。

最近のアクセスの出方は徐々に右肩上がりに上がっていく傾向が顕著で、いくら記事を入れても1年、1年半をかけて緩やかに上がっていきます。急増することは最近ありません。
そして記事を足さなければ、1年半をピークに緩やかに落ちていく印象です。

access1
大体どのジャンルでもざっくりとこのような傾向があり、この傾向は2年位前から続いているように感じています。
つまり、1年くらいはお宝キーワードが十分に取れませんので、大きな収益になるのは少なくとも1年半~2年くらいはかかっていくと思います。
アフィリエイトはものすごく強い中古ドメインをバックで使うとか、ウルトラCを使わない限りはまずまともな収益を上げるのにそれくらいの期間はかかります。
それに耐え、作業を積み重ねられるかどうかだけの問題です。

スポンサードリンク



参入ジャンルを間違えない。最も大切なこと。ウルトラアフィリエイターがいるジャンルをあえて攻めたほうがよい。

ところで、参入ジャンルを間違えると、どれだけ努力をしてもさほどの収益にはなりません。
やはりある程度ホットなジャンルを狙うべきでしょう。
何処が良いのかはA8ネット、アフィリエイトB、アクセストレードなどのお問い合わせから直接質問すればよいと思います。
彼らはリストにまとめていますので。大体見せてくれると思います。
出来れば単価5000円以上のプログラムがあるジャンルをやりたいですが、2000円~3000円がメインのジャンルでも、ある程度数出せば特単が出てくるので、十分な額になります。そのあたりのジャンルを狙ってもよいと思います。

あと、このようなホットで高単価なジャンルは、ウルトラアフィリエイターも多くいますが、彼らを恐れる必要は全くありません。
彼らの作っているサイトは既に個人で作れる範囲を超えているので、全くニーズが競合しないことが多いです。
彼らのサイトは「一般向け」的な軽い印象を与えやすいです。
もちろん、たくさんCVはすると思いますが、慎重な訪問者や多少冷やかしもある訪問者にはCVしにくいです。
そのような人たちは個人のリアルな情報が欲しいので、個人のサイトで共感があったらCVする、という傾向があります。
だからこそ、個人のサイトというのは個人のテイストをしっかり出して作りこんでいくべきなんですね。
ヘタでもいいんです。一生懸命に作りましょう。

僕の今のメインサイトたちは僕がアフィリエイトを始めたと同時に立ち上げたものです。未だにそれがメインです。初心者でも大丈夫なんです。

ちなみにですね、僕のメインにしているサイトの中の内の10サイトは僕がアフィリエイトを始めた時に立ち上げた全サイトです。
それが全部生き残っています。
もちろん、途中でタイトルを変え、レイアウトを変え、ドメインをリダイレクトし、中身の記事をごっそり取り換えたものもあります。
そこまでしながらなんとか収益を出せるサイトになっているんです。(まだまだ手を入れる余地はありますが)
ジャンルに自信があるのなら、なかなか成果が上がらなくても諦めずにサイトをいじりましょう。
そうすることで、どのようなサイト構成が収益を上げていくのかという経験を得ていくことができるのです。

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>