何度も言いますが、小型サイトを作っていてはダメです。中規模から始めて、大型化していってください。

小型サイトを作りたい人ばっかり訪問される…楽だからやりたいんでしょ?でもダメです。今後は。

こんにちは、ガラぽんです。
僕のこのブログですけども「サイトアフィリエイト 小型サイト」という検索ワードで来られる方がとても多いです。
皆さん、大型サイトを作るのはめんどくさいので、小型サイトで成功する事例を探しているのかもしれません。
でも、そろそろ気づいてください。
「小型サイトではダメ」なんです。
そうなってしまったんですよ。特にこの2年くらいで急激に。
最近では「ハネムーン」現象まで起こらなくなってしまいました。
そう、新規サイトは不利です。もう跳ねることはありません。
ですが、1年、2年と記事を積んでいくたびに本当になだらかな山を登るようにアクセスは増えていきます。
それはこのブログでも最近の記事で何度かアクセス解析を見せてお伝えしてきました。

成長させないサイトはアクセスが集まらない傾向になりました。

小型サイトでは最初にインデックスされたきりで、あとはほとんど動きません。
僕は今年4月から5月まで実験的に5〜10ページの小型サイトを10サイトほど上げてきましたが、1サイトもまともにアクセスは集まっていません。
全て1日0〜5くらい。
酷いものは半年くらいたつのに、1か月に10アクセスないという凄惨な状況になっています。これらはもう捨てーーーーーです!
一気に20、30記事入れたサイトもなかなか上がらなくなりました。
コツコツ長くかけて入れていくサイトが上がっていく傾向が顕著になっている感じです。(あくまで僕が記事入れている限りでは。)
こんな状態だから、僕は手持ちのサイトの中でも、収益が上がっていくだろう30サイト強を選び、更新、修正をずっと重ねていくことにしました。
それでもサイト数多すぎて、更新も修正も追いつかないくらいで、なんでこんなにメンテが追いつかないのに新サイトを立ち上げようとしてたのかホント自分が信じられません。
よく人のアフィリエイトブログを読むと「今月は新サイトを立ち上げなかったから売上が落ちた」なんて書いている人いますが、いや、そうじゃねーだろ、おい。
新サイト立ち上げなかったどころか、つくりっぱで更新も修正もしてないんだろ、他のサイトも!
つーわけで、今までは新サイトを立ち上げなければ売上が落ちる、という根拠のない他のアフィリエイターさんの言葉を信じてですね、どっか「新サイトを立ち上げないとヤバい」という気持ちがありました。
でも、新サイトなんかそんなに立ち上げても時間と労力の無駄。ということはもう明白です。
だって、サイトが全く成長しないじゃん。(^_^;)

大型サイトを作るにも大変なことなんかない。ぶっちゃけ設計なんかほとんどいらない。

で、大型サイトをつくるにしてもですね、今じぶんはホント、設計なんていらなくなりましたよ。
たとえばですね、
この記事

>サイトアフィリエイト初心者は今後はこうサイトを作っていくべきなんじゃないだろうか(勝手な主観)

に掲載しましたけど、

たった1時間で意図が明確なキーワードを100個探し出す方法

に則て、「バストアップ」で中規模のサイトを作るとしますね。
そうするとですね、バストアップではいい加減ネタがなくなってくると思います。
ですが、半年くらい継続して記事入れてるとわかるんですが、全然他に拡張可能なワードが集まります。
たとえば、バストアップサプリは成分的に「プエラリアミリフィカ」なんかを使っていて、それは「女性ホルモン様成分」です。
ですから、「女性ホルモン」や「エストロゲン」で更年期や妊娠関係などで人がアクセスしてくるのです。
そういうのをアクセス解析で拾いながら、バストアップサプリからプラセンタや妊活サプリのようなサプリまでどんどん話を広げていくことが可能になります。
そうなるとですね、2年、3年経てば勝手に大型サイトになってるんです。
だから、最初はかなりテキトーな設計でもいいんですよ、
それこそ上の「バストアップ」のようなキーワードから30個、50個ピックアップして、2日、3日に1記事とか、足していけばよいのです。
どのみち1年近くたたないとまともにアクセスは集まってきませんから、最初はただ記事コツコツ入れるだけの長い準備期間です。

スポンサードリンク

サイトタイトルにも記事タイトルにもほとんどキーワード入れてないのに上位がゴロゴロしています…

で、「こんなんでホントに収益になるの?いろいろ上位取れるの?」と思うかもしれません。
ん~、それがですね、取れるんです。
あのですね、サイトはちょっと公開したくないんでお見せしないのですが、
僕はあるサプリの成分名で中規模のサイトを立ち上げました。全部にその成分名が入っています。立ち上げて丸2年。
で、その成分名に絡んで上位表示されていましたが、現在では幾分か落ちました。
そして、上のやり方で全く違う成分の1記事を足しました。
なんと、その1記事が上位表示されて、今最もアクセスを集めているのです。
当然、その成分のサプリが売れてます…その記事の記事下に掲載している…(´Д`)
つまりバストアップサプリにたとえるなら…
「バストアップ+○○」というキーワードで記事を30記事入れて、記事タイトルだけじゃなくメインタイトルも「バストアップ」が入ってるけど、その「バストアップ」ではあまり人がこなくて、あとで足した「更年期改善」というキーワードが人を集めているとか、そんな感じ…
いや、マジでそんなことは日常茶飯事です。
だから、狙っているキーワードを上位表示させないと…というのは非効率。
狙っているキーワードは上位表示させても思ったより人を集められないかもしれないし、稼げないかもしれないんです。
つまり「上位表示されてしまったキーワードを活かす」ことが収益を効率よく上げることに繋がるのです。

テキトーでも稼げる大規模サイトにできます。

テキトーでも稼げる大規模サイトにするには

・どんどん放射状にジャンル拡張し、記事下にアフィリエイトリンクをきちんと入れる。
・人が集まったキーワードや記事を拡張するような感じの話題の記事を足し、やはりきちんと記事下にアフィリエイトリンクを入れる。
・上位表示され、人が集まったキーワードの方向にサイトの構成、タイトルなども見直していく。

これを意識するだけでいいんですよ。
だから、「失敗」なんてないんですよ。アクセス解析のデータを重視して、どんどん手を入れていけばだんだんと正しい方向に行くものなのです。
ごちゃ混ぜサイトでも、1記事がしっかりしていれば収益を上げられる時代です。
酵素液のサイトだから、酵素液だけを入れなくちゃダメ、ということではないですよ。
別に酵素液サイトに便秘の話題を書いて、便秘茶や繊維サプリを紹介しても何も問題ありません。
そう、1記事でしつこくても起承転結を完成させ、記事下で商品を紹介したら、ペラサイトを1つ作るのと同じです。
しかもドメイン力は強まり、アクセスも難無く集まりますから、アクセス解析が生き、キーワードデータ、その記事が人気があるかどうかなどいろんなことを知ることができるのです。
記事をを1日2ページ書いてみて、縦に積み重ねてみてくださいよ。
なんと1年で600記事は書けるじゃないですか。
ペラサイト600個作ったのと同じですよ。
しかも、サイトは成長するわけですね。
それでもペラとか、それに近い小型サイトを作りますか?
ちなみに記事下に必ずアフィリエイトリンクを入れてもペナルティとかなりませんから。
記事が起承転結でしっかりかけていれば問題ありません。

無理のないサイト数で。欲張りすぎないようにしましょう。

今はペンギンアルゴリズムも、パンダアルゴリズムも自動になりました。
びくびくしながら、いつかペンギンでやられたとき、パンダでやられたとき痛くないようにとたくさんサイトを立ち上げなくてもよいと思います。
無理矢理なSEO対策とかしなければ、気を付けるのは上位取った後の「ネガティブSEO」くらいですからね。
時々はサーチコンソールみて、変なリンクだなと思ったら否認するだけ。だからサーチコンソール登録は必須ですね。
サイト数を欲張りすぎず、無理なく数サイト程度を毎日ローテーション更新していけば被リンクなんてつけなくて良いと思います。
被リンクのことやペナルティのことを考えている暇があるなら、起承転結のしっかりしたきちんと読ませる記事を書くことを考えればそれだけで十分だと思います。
そのうちキュレーションサイトが勝手に被リンクしやがりますし。記事がしっかりしていれば、たかがアフィリサイトでもたまにはブックマークくらいされますから。

更新のモチベーションが保ちやすいアルゴリズムになりましたね~(^^)

小型サイトの作りっぱなしはホント今現在痛いです。
今後、小型サイトが復活するようなこともないと思います。
Googleは進化する一方です。
進化しないサイトを作ってもダメに決まってるじゃないですか。
最初の1、2年は今までと同じく、新サイトの力はありませんから苦しいです。
でも、ホントに最近のGoogleはある程度人気のワードで更新すれば素直にアクセスが増えていくような感じになったので前よりは随分モチベーション維持が楽になってると思いますけどね。
1年我慢して、積み重ね、修正を重視して記事を積み上げれば少なくとも月5や10は行くでしょう。
月5万、10万上がるようになって、これだけしか上がらないならもうやめよう、と思いますか?
チカッパやsakuraサーバーならせいぜいサーバー代は年6000円。
ドメイン代は5サイト作ればせいぜい初年度は5000円ってとこです。
2年目でも7000円ってとこでしょう。
それで年間50万とか、100万とか稼げたら大黒字じゃないですか。
月5や10をバイトで稼ぐとなるとけっこう拘束されるし、人間関係煩わしいし、消耗しますよ。
それを思えば、もうやめる気しないでしょ?
そこからが真骨頂です。
記事を積み重ね、同時にアフィリリンクを積み重ね、ジャンルも放射状に広げていく…
はい、伸びます。
積み重ねれば勝手に大規模サイトとなっていきます。

小型サイトをつくるのは苦痛ですからね!勘違いしないでくださいよ!

やっぱですね、僕も更新、修正のみしていくと徹底し始めてから、先月より今月のほうが売上調子いいです。
増やしたページのアフィリリンク、修正したページに追加したアフィリリンクからも成果上がっています。
ユーザーの動向を解析で把握しながら、ユーザー方向に日々サイトをいじっていくだけ。
迷いようはありません。
1つづつ小型サイトの立ち上げていくのはすごくめんどくさい上に、今のアルゴリズムでは目が出ず全滅するかもしれません。
少数のサイトに、いわゆる「ペラサイト」をいっぱい足しこんでサイト力をでっかくしていくほうが結果出そうな気がしませんか?
ドメイン力も成長力も激弱の小型サイトにこだわると、楽どころかむしろ結果の伴わないつらい修業するだけになりますよ。
結果が出てきているサイトをどんどんいじって「良くなったなあ~」って言ってるのはホント楽しいです。
最初はサイトアフィリエイトはどこからどう入ってもなかなか成果が上がらなくてきついのですから、どうせなら将来いじれば楽しくなれるサイトを、腹をくくって作っていきましょう。
最初はテキトーでいいですから(^^)

スポンサードリンク


7 Comments

  1. 初めましてROCKといいます。ありがたく読ませていただいたのですが、質問があります。

    キーワードを広げ過ぎると内容が薄まるとかで怖くて記事数が増やせていません。
    少しでも関連のある内容であれば大丈夫なのでしょうか?

    例えば、美容液のサイトで、「美容に悪いストレス」に関する記事を入れるとか。
    やってみればいいのでしょうけど、サイト数が少ないので実験できずにいます。

  2. ご訪問ありがとうございます。

    >キーワードを広げ過ぎると内容が薄まるとかで怖くて記事数が増やせていません。
    少しでも関連のある内容であれば大丈夫なのでしょうか?

    正直、薄まるのを恐れて更新しないほうがヤバいです…どこかで一気に陥落してしまいます…更新しなくなって半年くらいかな…
    更新できてれば維持できますし、ほんのちょっと関連しそう、というネタならどんどん記事増やしたらグングンサイト力つきますね。
    たとえばク○ネコさんというアフィリエイターは「転職」というメインキーワードのブログにですね、格安スマホの情報だとか、口臭サプリの情報だとか、流行りのビジネスファッションの情報だとか、健康管理の方法だとか、そういうすごく広い記事を千ページ以上入れて1ブログで月○百万稼いでいる…
    元ブロガーの場合、最初専門サイトを作ろうとしたけども、結局「ブロガー癖」で広くなってしまった。けれども、1記事1記事がしっかりしていて記事内容が濃いから稼げるという人が多いですよね。
    アドセンスブロガーさんがASPに転向すると圧倒的に強いです。
    そんな傾向にあるので、専門ネタではネタ切れに近くても、拡張ネタで無理矢理にでも成長させているサイトがどんどん強くなる傾向があると思います。
    ちなみに、このようなブロガーのような形式で稼いでいる人は、各ページにキャッシュポイントを必ず設けている傾向があります。
    多少強引にでもそのキャッシュポイントに言及するのがよいようです。1記事で完結させるのがポイントですね。
    僕もアクセスがあるページは必ずページ内にキャッシュポイントを設け、そこに持って行けるよう文章を調整するようにしていってます。

  3. とても丁寧に答えていただいてありがとうございます!

    アクセスも順位も落ちてかけているサイトがいくつかあるので猛烈に記事を突っ込んでいきたいと思います!

  4. 初めまして。
    私はずっとブロガー型でサイトを作っていて、小型サイトは何度も失敗していました。
    思い切ってブロガー型に振り切り、すべてのコンテンツを1サイトに集中して大型サイトを作ろうかと考えていたところ、この記事に出会いました。
    やはり小型サイトは厳しいのですね。非常に勉強になりました。ありがとうございます。

  5. お世話になります。
    >やはり小型サイトは厳しいのですね。

    まあ、ただ漫然と作るだけではたとえスモールキーワードであってもなかなか順位は上がらないし、収益もあがりませんよね。
    でも、いままでの小型サイトがまだ残っているのなら、やり方によってはそれらの小型サイトを活用してかなり行けると思いますよ。
    その方法はちょっと特殊なので(といっても普遍的に有効ですが)ここでは話せません…不特定多数にあまり見られないほうがよいように思います。
    メールしますので、宜しければ参照してください。

  6. こんにちは。

    ク〇ネコさんのアフィリサイトを参照にしているものです。

    あの転職ブログのようにある程度文章力とドメインパワーが必要な時代になってきましたね。

    私の小規模のサイトも軒並み下がってきました。

    この記事を読んでパワーブログへシフトしていこうと思う、いいきっかけになりました。ありがとうとございます。

  7. コメントありがとうございます。

    ドメイン力はサイト単位で着くようですが、上位表示させるかどうかは個別記事ごとに判断されてるみたいですね。
    なので、ジャンルはものすごく広く取ってもよいので1記事1記事に力を入れつつ更新をきちんとしたほうが良いようです~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>