ホワイトはペナ受けないと言ったけど、ここまでペナの情報ばっかだと自信なくなってきたわ。さすがに。

ガラぽんです。

なんか数日前までに「ホワイトはペナ受けない」とかいう記事書いたけど自信なくなってきた…
なんかツイッターでも飛んだ、飛んだというツイートばっかりやと(;^_^)
なんでもかんでも飛びそうな気がしてきた…

しっかし、ツイートもどこまでがホントでどこまでがウソなんかね。

なんか愉快犯とかもいそうなんだよな。
だって、あまり悲壮感漂ってないんだもん。ツイートに。
でもまあホントに飛んだんだろうな…
人間、群集心理的にみんなが飛んだ、飛んだというのを見て、その輪の中に自分も加わると妙に安心した気分になるもんだから。
ただ、結局リカバリーは自分一人でやらなきゃいけないんだから、どっかで現実をみなきゃいけない。
ホントしんどいよね…(V_V)

ちなみに僕は今んとこ飛んでないよーーーーーーーーーん。

こんだけ飛んだ、飛んだ周りが言ってるのに、少しは上がってアクセス集めてもよさそうなもんなんだけど、それもないんだよね。
不思議だわ。
やっぱミドル以下のキーワードしか利益上げてるサイトがないからかもな…

まあ、ミドル以下のワードでぼちぼちやってくのが性に合ってると思ってやってますわ。
ひっそりと目立たずも、生き残っていければそれでよい。

あー、いかん、ちょっとネガティブな方面で記事、書いちゃったなあ。
ネガティブなことはもう書かないほうがいいって思ってたのに。

こんな本を読みました。

p_20161106_002518_hdr

この本は危機的な状況をいかにポジティブな方向に考え、生命力を極限まで高めて乗り越えるのかという考え方、方法がまとめられている本で、とっても読み応えがあります。

サイト飛んで気持ちが沈んでいる人にぜひ読んでいただきたいですね。

人間、ネガティブなことばかり思ったり、書いたり、つぶやいていたりしたら、本当に運が悪い方向に回ってしまいます。

飛んだら
「ラッキー、これでこの方向性が良くないのは分かった。過去を振り返らず新しい方向性にチャレンジしていける」
と思うのがよいようです。
または「全力でリカバリーするなんて経験、あまりない。これでスキルを磨ける」
とかですね。
そうポジティブな方向に考えることによって、人間は生命力を増幅させることができ、危機を打開できるそうです。

生きていて、事業をやっていれば何度も危機的な状況というのはやってきますよね。
ポジティブにあがいてあがいて、頑張れば絶対に乗り越えられます。
頑張りましょう。

ということで、この本、お勧めです。(V_V)

借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんが教えてくれた超うまくいく口ぐせ

新品価格
¥1,490から
(2016/11/6 00:48時点)


3 Comments

  1. ガラぽんさま

    はじめまして、こーあいと申します。
    オススメ頂いた書籍、本当に良かったです!
       
    そのお礼がしたくてコメントを書かせて頂きました!

    ちなみに、私は飛ぶ程の稼ぐサイトはまだ持ってません。兼業アフィリをやっていて会社に行き詰まりを感じてたので気になって購入しました。

    なんでも、うまくいかない、失敗したーという考えを改められそうです。ありがとうございました。

  2. お世話になります。

    コメントありがとうございます。


    なんでも、うまくいかない、失敗したーという考えを改められそうです。

    口ではどうしても言ってしまうんですけどね。心の中はリベンジで燃えている、がカッコいいと思います!^^。


    私は飛ぶ程の稼ぐサイトはまだ持ってません。兼業アフィリをやっていて会社に行き詰まりを感じてたので気になって購入しました。

    頑張ってください!購入したものが何かわからないのですが汗、人にはそれぞれのペースがありますので、焦らず確実に会心の記事を積んでくださいね。
    「サイトの更新頻度はどれくらいがいいのかを考察してみる。」
    たくさん記事を一気に入れればあるタイミングで一気に成果が上がりやすいのですが、一定期間後に一気に成果が落ちやすいサイトにもなるようです。
    じっくり強いサイトを作っていってください。

  3. ガラぽんさま

    お世話になっております。こーあいです。
    返信ありがとうございます!

    サイト更新頻度によって、そんな差があるのですね。勉強になります!

    また時々お邪魔させて頂きます(..)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>