収益が落ちた?何を焦ってるのだろう。焦ることなんかない。

最近本当に収益が悪いので、前向きを標榜する自分もさすがに多少落ち込んでいました。
11月20日頃に何かまた変動があったらしく、どうもそこからサイトのアクセスが芳しくなくなったのです。(まあ、マシな日もあるけど)

『本当にここから先挽回できるのかな…』
そんな閉塞感が漂って浮かない顔をしていた時、今月号の「BIG TOMORROW」の記事が目に留まりました。

p_20161130_235145_hdr

この雑誌はまあまあ好きで、たまに読んだりしていたのですが、数か月くらいは目に留まりませんでした。
何となく、閉塞感を打ち破るヒントを探していたのかもしれません。

目に留まった記事は「節約したお金を」元手に、金利が低い投信をしたり、定期預金をやりくりしたりして、リタイヤに結びつけたという内容でした。

p_20161130_235317_hdr

p_20161130_235251_hdr
驚きました。1人者ならともかく、きちんと奥さんもいて、子供もいるわけです。
定期預金の貯金を殖やすために節約。節約が楽しくて数千万の預貯金ができた…普通のサラリーマンがです。
まあ、共働きなら可能なのかもしれません。
それにしても、凄い途方もない話だな、と思いました。
そんなに給料が高くないサラリーマンでも地道に貯めれば、「まだ現役世代のうちに」貯金ができてほとんどリタイヤという状態になることができるのです。
しかも株やFXで無理して儲けたのではなく、コツコツと生活を切り詰めながらも「金利の低い安定投資」や「定期預金」を積み重ねてです。

僕はそれを見て、急に自分の悩みがバカらしくなりました。
一体何を焦っていたのでしょう。
この人たちは、10年、20年とかけて、コツコツと貯めてリタイヤを達成した。努力の賜物です。
僕はほんの数か月、成果が悪くなったからって我慢ができず落ち込んでしまってる。
もちろん、今でも月収はこの人たちよりも全然上です。(すみません…(-_-;))
ホントに贅沢な話です。(ホントすみません…(~_~;))

落ち込めば作業を楽しく進めることができません。
ちょっと我ながらメンタルがひどすぎるなと思いました。
欲深いのもほどほどにしないと、株やFX、パチンコ、競馬などで損をし続ける人と同じになってしまう。

僕はまだ40代前半で、まだまだアフィリエイトで儲けていくチャンスはあるはずです。
アフィリエイトが無くなるなら、検索エンジンビジネスが無くなるならともかく、実際は僕が本格的なサイトアフィリエイトをはじめた2012年から今に至るまでに条件がそんなに変わったか?というとあんま変わっていませんし。
焦ることなんかないよねと。

アフィリエイトは、人海戦術とリンク戦術で急速に収益を上げ、派手に振る舞って幅を利かせている方たちがけっこういらっしゃいます。(もちろん、コンテンツも個人では作れないような素晴らしい出来栄えであることが大半ですけどね。)
目立つその人たちと自分を比べないようにしたいのですが、無意識に比べてしまうところがあります。
それで利益が少し落ちてきただけで、ブルーになってしまうのですが、全然ブルーになる必要なんてなくて。
そもそもの志が根本から違うわけですし。

大体、他のせどりとか、不動産投資とかで経費をかなりかけながら頑張っている人たちに比べたら、自分はけっこう割のいいことをやっているかなと思うし。

早く早く利益を上げたい。派手に稼いでいる人たちがうらやましい、追いつきたい。
という思いで行動すると僕的にはいいことないと思うんですよね。
無意識的に行動に無理が生じてくるんで。

先日、非公開になったWe●qなんかいい例で。
いきなり名指しで企業名のタイトルつけたりとか、倫理的にも専門家でなくては取り扱うべきでない重病の治療方法とか後先考えず適当に書いてみたり、見境なくやり過ぎた結果、早々にいったん退場になってしまいました。
さすがはキャッシュフローに厳しいつーか、苦しいIT企業だなあ…と思いました。
世間様の信用を勝ち取るなんて余裕なく、とにかく金のためなら何でもアリつーか、自転車操業…(;´Д`)

ガツガツした結果あれじゃ、ちょっとみっともないですよね。
倫理を踏み外してまで大きい利益は望まず、コツコツと積み上げていかないとやっぱり未来にいいことないんだなあ…と思い直した良い?反面教師になってくれました。

人生の先は長い。地に足をつけて楽しく仕事を重ねていこう。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>