岡山県北の新緑が素晴らしい。1日1日、季節が進むのを噛みしめています。

片岡です。
季節が進んで、春も深まってきました。
4月の終わりまでは、晴れると朝はぐっと冷え込んで5℃〜10℃くらいの日が多いですが、日中は20℃~30℃に近いくらいになったりします。
5月も下旬になると空気は乾燥しているのに、最高気温が30℃を超えるような日も出たりして一気に暑くなります。
九州では5月末くらいに梅雨に入ることが多いですよね。
ということで、5月半ばくらいまでが1年でもっとも天気が安定して、暖かく、水分も奪われにくいツーリングに一番適したシーズンです。
今走らなければいつ走る!
ということで、仕事は深夜と朝に後回し。
いや、この時期の新緑は生命の伊吹を感じて本当にワクワクしますね。
昨日は岡山県北の吉井川水系のダム湖、奥津湖に行きました。

 


昼間は近場を走り固めています。この時期の1日1日は貴重です。
進んでいく季節をじっくり噛みしめられることは何よりの贅沢だなと思います。
アフィリエイトのテクニックやSEOなんてどうでもよいのです。
身近な自然を楽しんで、おおらかに、豊かな気持のままに筆を進めていきましょう。
仕事には気持ちが出るものですからね。

4月後半から5月というのは、桜のお花見の大騒ぎをした直後で、あまり日本の四季を感じられる時期ではないと思われるかもしれません。
でも、黄緑の新緑、若草、若葉のさわやかな香りが味わえるのは日本が四季に恵まれているというひとつの象徴だと思います。
この時期に是非外国人の方もこの時期を狙って日本の田舎を旅行してほしいですよね。
外国人向けに日本を紹介する画は桜や紅葉の画が多いのですが、日本の新緑の美しさにに注目するのもまたウケると思うんですけどね。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です