旅take30:スカイウェイブ400で熊本ツーリング再び!前編

こんにちは、片岡です。

なぜ片岡はいい車を買わず、いい宿に泊まらず、安い中古バイクに節約旅なのか。

で書いた予定通りに熊本ツーリングを敢行し終えました。

13日(火)出発し、17日(金)深夜1時に帰りました。
期間中はすごい好天に恵まれました。
昨年は4日連続晴れた期間っておそらくないんじゃないでしょうか?
予定を組むのが大変だったものですが…(;´Д`)

しっかし、雨が降りませんね~~
結局雨が降るのは来週以降になりそうですがね。
ただ、梅雨前線はきちんと出現していて、沖縄は随分今年は雨にやられているようなので、いずれはかなりの雨にやられるのではないでしょうか。
しかし、今のところ太平洋高気圧の勢力がなかなか強くならないですし、台風もできない。
これは、まだ発生はしていないですけど、

・春暖かい
・梅雨時の降水量が少ない(乾燥気味)
・夏は猛暑

となるラニーニャ現象っぽい状態だな~。
今年の夏はどうなることやら。
雨が降らなさすぎて水不足になっても困るしな。(もうなってる地域も出てきてるけど)

ところでやっぱ九州のツーリングスポットはやっぱり阿蘇周辺がもっともライダー評価が高いので、そこは外せませんね。(次回は心を鬼にして外す。)
まあ、阿蘇周辺は他の地域とは全く違う、圧倒的スケールの特殊な景観ですからね。
それも阿蘇カルデラのおかげなんでしょうが。その規模を超える地表に出現しているカルデラは他には北海道にしかないわけで。
やはり阿蘇に匹敵する景観は北海道にしかないんだろうな…(;・∀・)
結局、今回は前回の阿蘇ツーリングを半分はリスペクトしているので、そこは軽く触れて、今回新たに走ったところを中心に画像アップしていきたいと思います。


では、時系列で上げていきます。

1日目 やまなみハイウェイの玄関口、別府へ

通勤渋滞の終わった9:30の出発です。
よーく晴れています。


でも空気は冷ため。
乾いた北の高気圧に覆われているので、まだ春の空気なんですよね。
防寒装備は大用量のメットインスペースに常備です。
本当にこういうところはビッグスクーターは便利です。

こんなにいい天気で比較的涼しい日が続くというのに、バイク旅している人って5月なんかに比べてあまりというか、全くいないんですよね(^_^.)


勿体ないなあ…

本日の予定は由布岳、九重連山、そして阿蘇への玄関口である別府に向かうだけです。
別府はとにかく宿泊施設が安く、温泉の質も最高ですから、玄関口とするには最良ですね…(^^♪
つっても今回は宿泊はカプセルホテルですが~(;´Д`)
でもカプセルホテルっていっても、浴場は源泉かけ流しの温泉だそうです(^^♪

まあ、21時くらいまでに着ければよいですからね。急ぎません。
最も乗り心地のよい90㎞/h~100㎞/h程度で流して、昼食を挟み、15:00頃下関着。
高速道路料金を節約したいというのもありますが、今回は関門トンネルと通ろうかなということもあって高速道路を下ります。


これが関門トンネルか‥
下関側

門司側

けっこう海峡の手前から始まるんですね。
バイクの通行料金は100円でした。
しかし、ETCゲートになっていなくて、いちいちお金手渡ししないといけないのがうっとおしい。
バイクには不利…(;・∀・)
肝心のトンネルは…特に風情なし…(;´Д`)
別にある人道をゆっくりあるけば風情あるのかなあ…
水曜どうでしょう出てたし、なんか人道でスタートダッシュのトレーニングしてる小学生いるのテレビでやってたなあ…人道のほうは車道の半分以下の距離なんかな?

まあ、メインイベントはこんなもん。
あとは下道で別府を目指す。


距離的には150㎞もないので大したことはないんですけどねえ…
途中ちょっとした小物を買いにスーパーに寄ったりしたことと、予想はしてましたが夕方の帰宅ラッシュに巻き込まれたことでけっこ時間かかりました。
時間がなかったら絶対に上道(^_^.)
混んでなかったら国宝の宇佐神宮に寄りたかった…

夜19:00になると、6月とあって日は沈まないんですけどね、この気候ですから冷え込んできます。


気温は17℃。10月中旬くらいの気温かな。
最後の峠越えが残っているので着込みます。

20:00過ぎ頃、別府唯一のカプセルホテル「グロリア」到着

このカプセルホテル、非常に安かったのですが、
「とっても暑い」
「カプセルがベニヤ板の仮設」
「一般入湯でヤクザが出入りしている(入れ墨、タトゥーお断りの張り紙は単なる警察に向けてのアピール?)」
と、ちょっとうさんくさい、微妙な宿でした。
まあ、眠るには支障がなかったんですけどね。
ちなみにカプセルは狭くて、コンセントが1つあるだけ。普通のカプセルとちがってテレビや目覚ましはありません。
PC引っ張り出して記事書いていたのですが、仕事にならなくて共用リビング使いました。
テーブルをコンセントのあるとこまで無理矢理引っ張り出しました。
ここの宿泊客は客層があまりよくないので(格安宿だからね)むしろあまり遠慮はいらない…
もちろん、仕事を終えたらきちんと片づけましたよ。(;・∀・)
別府はビジネスホテルが安くて、4000円も出せば泊まれるとこがいくつかあるので、あえてケチらないほうがいいと思った…

2日目 阿蘇パノラマライン なぜこのパノラマラインがあまりツーリングルートとして推薦されてないのか不思議…

2日目。
良く晴れていますね。
前回と同じルート、県道11号(やまなみハイウェイ)で湯布院経由で阿蘇に向かいます。


前回と変わり映えないですが、これが確実に楽しめるルートなんですよね~(^▽^;)…
自分が走りたい道を走りゃいいよね…

途中、由布岳の雄姿と高台から見下ろす美しい街とのコントラスト。
これがたまんなく美しいんですよね。九州独特の風景なんじゃないかな?


「道の駅湯布院」でトイレ休憩。
時間は11時前。バイク居ね~(;´Д`)

このもちろん、阿蘇にはライダーたくさんいましたけどね。
湯布院はまあ、ツーリングスポットとしては玄関口だから朝しかバイクはいないのかもしれません。

しかし、走ると涼しいですね。
5月がそのまま続いている感じ。

いや~、ホント、日本なの?ここ?

前回はやまなみハイウェイ県道11号でまっすぐ阿蘇市街に降りましたが、今回はそのまま県道45号「ミルクロード」に入り大観峰へ。

やっぱ九州中央部は地形が特殊すぎていい意味でスケールがけた違いなんですよね。
むこう何十キロも牧場なんて。
本州にないですよ、こんな景観は(;゚Д゚)

バイクの数的にはここが九州では最大のバイクツーリングスポットなんやろね。ウン十台停まってて、ひっきりなしにやってくる。

そこそこ楽しむと、阿蘇市街に下ってジョイフルで軽く昼食を摂り(なんとジョイフルが市内というかカルデラの中に2軒もある)、前回行けなかった阿蘇山に登るルート「阿蘇パノラマライン」を走ります。
阿蘇パノラマラインは朝7時から夜19時までしか通れないルート。

えっ?(;゚Д゚)

なんだ、この圧倒的に美しいルートは??
やまなみハイウェイやミルクロードは脇でホントはこっちがメインだろ??
なぜかあまりバイク走ってないのでお勧めです!というか絶対走るべし!

ただ、こんなふうにこのラインは震災の傷跡も大きいので、ルート的に途中で寸断されていて短いです。

あとトイレは阿蘇山腹の駐車場にありますが、駐車場利用料金がかかりますので注意。
100円でした。


このラインの終点は阿蘇山の登山口ですが、2月頃から噴火レベルが高かったことがあり、今はレベルはさほどでもないですが、噴煙を吸う恐れがあるためとして、立ち入りはできません。



まあ、無理に先に進まずに放牧の風景を楽しみましょう。
いや~放牧すごい。馬もいるよ。

夕方までこの圧倒的な風景を楽しみ、今日の宿泊地、熊本市へ向かいます。
熊本市までは意外と遠くて、阿蘇から60kmほどあります。
普通に行っても遠いのですが…

なんと


まさかの山越え!
幹線道路の国道57号線が途中、地震で崩落し、通行止めになっているからです!
あ~、これは夜着のコースだ~(;´Д`)


遠い~~~~(´;ω;`)大分市のほうが近い感…夕方ラッシュ時だからっていうのもあるけど…

なんと17:30にでて20:00前に着!(もちろん途中休憩したというのもありますが)


ここ、熊本カプセルホテルはちょっと割高なんですよね~(´;ω;`)
カプセルが税込3000円
個室が税込4000円。
まあ、熊本は別府に比べるとビジネスホテル価格自体が一回り高いので仕方ないんですけどね。
ここに連泊したのですが、通常カプセルでは仕事しにくくて仕方なかったので、2日目は個室を取りました。
ちなみに個室とはこんなんです。

しかし熊本市はマジででかい。
アーケード街が駅から相当離れたとこにも広がってる。

これでホントに岡山より人口10万多いだけなの?
市街走った体感としては2倍以上の規模だと思うけど…
うーむ…(^_^;)

ホテルのすぐ横に大規模のアーケードが広がっているので、足を踏み入れてはみたものの、さすがに疲れていたのでちゃっちゃと定食系チェーンで夕食を済ましました。
そしてホテルに戻った後は歯を食いしばって記事を仕上げ、早めに休むのでした…

続く

スポンサードリンク




2 Comments

  1. ガラぽんさんこんにちは、九州に来てたんですね。実は私も6月5日~8日まで大分市~別府市に居たんです。別府の駅前温泉旅館一泊1600円(宿泊客は温泉24時間無料)に滞在してました。
    別府は温泉が100円とか200円(駐車場込み)とか格安ですよね。
    帰りにガラぽんさんも寄った道の駅湯布院でプリン饅頭を買って帰りました。
    ちなみにミルクロードの由来は、秋のすすきがそんな色に見えるかららしいです。

  2. 小倉大門1丁目さんご訪問ありがとうございます。
    >別府の駅前温泉旅館一泊1600円
    んな?(゚д゚)!なんと、別府は深堀すればするほどすごいのが出てくるなあ…別府すげえ…
    >ミルクロードの由来は、秋のすすきがそんな色に見えるから
    ええ?(;゚Д゚)ジャージー牛が多いわけじゃなくて?そいうや、阿蘇山麓中心でミルクロード沿いの牧場はグリコ除いてほぼ赤牛(肉牛)だったもんなあ‥そういうことなんだ…
    いや~~~~、やっぱこうやっていろんなことを知れるのは楽しいですね~。
    こりゃ、秋にもういちど行かないといけないな。今年は九州三昧(^^♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です