旅take30:スカイウェイブ400で熊本ツーリング再び!後編

3日目 天草四郎目当てなら天草本島までいかなくても上天草でOK!

3日目もいい天気です。
ちょっと昼間は気温が上がってきましたね。

今日は海のほうに行ってみたいと思います。
天草…
でもですね。
天草ってめちゃくちゃでかいんです!

これ、上の長崎県と大して変わらんくらいの面積ないか??(;゚Д゚)
こんなんまともに攻めたら1日じゃムリ…
ということで、天草のみどころを1つ絞っていこうと…
うーむ(^_^;)
見どころは「天草五橋」。
上天草。天草の入り口じゃん…
いちばんでかい下島にはあんまり見どころないんですよね…
天草四郎関連も上天草ですしね。
まあ、キリシタンの乱(島原の乱)自体が天草諸島で起こったものではなく、天草四郎の出自が上天草というだけらしいからなあ…(出自についてはホントかどうかだいぶ疑わしいけども)
ということで、とりあえず上天草まで走ればよいかと。
あとはちょっと洗濯しないと着るものがないので、帰りにコインランドリー寄って洗濯することにします。

海もあれば山もあり。
熊本はほんとに豊かですね~
豊かな地域というのは災害も甚大になりがちですよね。
でもそれだけ早く回復する力ももっているということだと思いますがね。

上天草の三角港は明治のころ重要港として整備がすすめられたそうです。
ごめんなさい、僻地に感じるんだけど(^_^;)
今はやっぱり物流はほとんど車中心になってしまったのでね。
1960年代くらいまでは官庁も多く、洋館街も繁栄して圧倒的に美しい景観だったらしいですよ。

海に面した道の駅上天草。


ここから起点に天草四郎メモリアル館など施設が広がります。
ここからすぐ天草五橋が連続して楽しめます。
が、橋を眺められるところはあまりないですね。
その辺を整備してくれないといまいち観光地にならない…

海岸の土質が問題なのか、やはり山陰のようには水はきれいには見えませんね。
実際は水きれいだと思いますけど。

この橋や多島美をより楽しむには、ちょっとした山登りをしなくてはなりません。

千巌山…誰もいないんですよね~
山頂までは草ぼうぼう、荒れ放題

アブがぶんぶん


んで、ちと登りに苦労したら、この景観が待っています。

三陸の松島にちなんで「天草松島」と言われます。
ちと登りはきついですし、荒れてるのですが、登り甲斐はあります。
あと、山頂にはこんなのもあります。
ほんまかいな?(;´Д`)

しかし…ドライブスポットはお手軽なのが喜ばれますからね。
こんなとこまでくる奇特な人なんてあまりいませんから、こういう場所は景観良くてもどうしても荒れていくんだろうな…

ホテルからここまで70㎞くらい。
天草下島の隠れキリシタン教会まで足を延ばそうかとも思いましたが、さらに距離が70kmくらいあり、頑張って行っても着く時間を考えると空しいことになりかねないと考え断念。(すぐ閉館とかね)
また夜おそくなりそうだし…
海岸沿いを夜遅くにバイクで走りたくない…(;´Д`)

そこで、地元のイ―トインお弁当チェーン「ヒライ」の大盛りナポリタンを喰って…

あとは軽く付近の島に渡って海水浴場で思いにふけったり

途中の道の駅でソフトクリームを楽しんだあと

南国っぽい道路を楽しみながら帰る。
帰り際、ロードサイドにコインランドリーを見つけ、洗濯。
洗濯するうちにホテルに戻る頃合いの時間になるのでした。

4日目 一気に帰る。寒い6月の夜の寒さはハンパじゃない(´;ω;`)

4日目。
今日は熊本から阿蘇、阿蘇から湯布院と、来た道を戻って、岡山に一気に帰ります。
1日で帰る理由は深夜の高速道路の割引を狙うから。
もちろん熊本から高速道路に乗れば速いのですが、深夜を狙うので、湯布院までは下道で行きます。
まあ、阿蘇の風景にお別れしたいというのもありますが…

4日目は曇りのスタート。


ただ、夏になると朝は大体雲が多くなるもの。昼には晴れてくるでしょう。
混み混みの熊本市街を抜け、途中の「道の駅大津」に寄ります。

お目当ては…
これこれ、

実はFacebook やってるんですが、「今熊本にいる」と書きこんだら、知り合いから「いきなり団子」というのを絶対に食すべしと書き込みされたんですね。
僕は知らなかったんだけどけっこう有名らしいです。
まあ、さつまいもの輪切りを大福のもちの部分で包んだような「芋大福」なんですがね。
熊本の自慢のさつまいものボリューム満点でおいしいですよ。
価格も1個120円と手頃でした。

さて、熊本市街はなかなか動かなかったものの、国道57号の迂回の山越えのほうは思ったよりも混んでなく、阿蘇には昼前につきました。
再度放牧を楽しみます。

良く晴れてきました。

お弁当のヒライで、軽く昼食を済ますと、今回も折角だから行っとこうと阿蘇神社にお参り。

前回来たときはあまり気にならなかったんですが、やっぱ激しく社殿なんかが壊れてたんですね。

自分のことはお願いせず、早い復興を願いました。

そのご褒美かな。

久々に大吉(^▽^;)

じゃ帰るか。
阿蘇よ、さようなら


次は九州来たら島原とか行くわ。
鹿児島の霧島連山とかな。(;´・ω・)

やまなみハイウェイはそんなに長いルートじゃないんですよね~
道の駅湯布院に16時には着きました。ちと早いな。
しかし、相変わらずバイクいねーな。

もうこの施設のとなりが高速のインター入り口です。
湯布院ジャージーソフト食って長丁場に備え、英気を養います。

そして、16:30過ぎ、高速道路にIN!

関門橋まではほんの120kmもないのかな?
あまり飛ばさなくても19:00前にはついた。

しかし…夜もとっぷり暮れると…
まさか暖かいココアで暖をとることになるとは…(;´Д`)(気温15℃)

スカイウェイブ400はゼッコウチョウなんですがね、こう気温が下がると僕の体がついてきませんよ…
って言っても冬防寒を一応もっていたので何とかなりました。
何とかならないライダーってどうしているのだろう…

姫路ナンバーのライダーはオーバーコートを着ていました。
まあ、こんな時間に高速走るようなライダーは慣れてるか…
それにしても、積載が大変だよなあ…
長距離仕様のビッグスクーターみたいなバイク内に積載が可能なミッションバイク、販売したら売れると思うんだけどなあ…

予定通り、深夜時間で高速をOUT
午前1:00に帰着しました。

で、今回の距離ですが…

実は1日目、宇佐でちょっとオイル交換時期の設定を弄っていたら、あやまってトリップメーターリセットしちゃったんですよね~(^▽^;)
その時の距離は438km、燃費は30.1kmでしたが…
リセット後の実測は…

1046.8km。燃費は29.0km/L
なんで、距離は1485km、燃費は29km/Lってとこですかね。

思ったより走ってませんね。

まあ、でも、無理しない程度に、周りの雰囲気を楽しみながら走るとなるとこんなもんだと思うんですけどね。
いや、満足しました。(*^^*)
これから長い梅雨が始まりますが、しかし、前の記事の冒頭にも書いたようにまだまだまとまった雨になる雰囲気ないんだよな…
あんまり疲れてないし、車体のメンテも軽くやったし、来週もうひとっ走りできそうだな。

尚、この旅は「節約」がひとつのテーマだったわけですが、4日間の出費の合計は約3万6千円でした。
その内訳はざっくりと

交通費、駐車料金…約2万円
宿泊費…3泊で約9千円
食費、土産、その他…約7千円

となりました。
もうこれは節約ギリギリかな~と。
というのも、ケチるところをこれ以上増やしてもここからは苦痛も伴うし、利便性なんて皆無になるからです。
たとえば、高速料金をケチれば、行動範囲が狭くなるし、走る以外のことがけっこうできなくなります。
宿泊をケチるとこれ以上はキャンプになるわけですが、僕の場合は旅先で仕事をしたいので…キャンプは論外。
カプセルでも個室でないときついとわかりました。
食費もケチり過ぎると特産物なんかは全く食べられなくなりますよね。まあ、僕はあまり食には比重は置かないんですが…
今回は2日間の宿をケチり過ぎて仕事が理想通りにはできませんでした。
今後はケチることでのメリット、デメリットをよく考えて、味気ない、後悔する旅にならないようにしていきたいなと思います。(^▽^;)

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です